1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 専業主婦歴10年から在宅ワーカーに。働き方の選択肢はたくさんあっていい

#317

専業主婦歴10年から在宅ワーカーに。働き方の選択肢はたくさんあっていい

専業主婦歴10年から在宅ワーカーに。働き方の選択肢はたくさんあっていいのタイトル画像

コノビーみんなのアンケート☆
現代育児に奮闘中のパパとママ。そのリアルな声を、そのままお届けします。


Q.パパママに聞きたい。現在の働き方を教えて!

専業主婦歴10年から在宅ワーカーに。働き方の選択肢はたくさんあっていいの画像1

※2022年3月4日〜5日(コノビー公式Twitterより)

約半数が「会社員」として働いている


パパママの働き方トップは「会社員(正社員/派遣を含む)」で、49%でした。

2位は「専業主婦(夫)」(24.5%)、3位には「パート、アルバイト」(20.4%)が続いています。

「自営業」は(6.1%)と、わずかでした。


働き方に正解なんてない


多様な働き方と言われますが、やはり会社員として働く方が一番多いですね!

筆者の周りでも会社員をしているパパママがとっても多いです。

「先輩や上司からスキルを学べるのが良い」や「育休を使えるのが嬉しい」といった意見のほか、「社会的な信頼が高いと思われるため、ローンを組みやすい」といった声も寄せられました。

契約書を書くとき、勤務先の記入を求められることが多いですからね。

あとは基本的には毎月決まった金額が振り込まれるので、暮らしの設計を立てやすいのも会社員のメリットです。

「専業主婦(夫)」と「パート、アルバイト」は、それぞれ約2割でほぼ同率でした。

「パートナーが転勤族だから」(専業主婦)
「しばらく専業主婦をしていましたが、子どもが成長して手がかからなくなったときにパートとして働き始めました」(パート)

コノビーライターのきなこさんは、約10年の専業主婦生活を経て、自分の名前で仕事をし、お金を得る体験の喜びを綴ってくれています。

「『お母さんは今日も色々頑張ったよ』私は、毎日そういう風に言える自分でいたいなと思う」

いろんな雇用形態、働き方がありますが、何を選ぶかは個人の自由。

家庭や体調など個人の事情に合わせて、さまざまな働き方ができるのが理想だなと筆者は思います。

アンケートにお答えくださり、ありがとうございました。

(コノビー編集部:そのべ)



アナタは多数派?令和子育てホンネ投票

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 専業主婦歴10年から在宅ワーカーに。働き方の選択肢はたくさんあっていい