1. >
  2. >
  3. >
  4. 登園しぶり、どう対応する?先生とタッグを組んで解決!【No.13】息子VS母 その3

登園しぶり、どう対応する?先生とタッグを組んで解決!【No.13】息子VS母 その3

登園しぶり、どう対応する?先生とタッグを組んで解決!【No.13】息子VS母 その3のタイトル画像

登園しぶりの対策第3回!幼稚園辞めたい息子をなんとか連れてきたものの・・・さあ、ここが正念場?

一緒にいられない事情を説明するも効き目無し・・・。

そこへ手の空いた先生が来てくれましたよ~!

先生に引き渡すことに成功~!あとはプロにお任せ!

登園しぶりしてたので、あらかじめ先生に相談という名の根回しをしておいたんです。

息子VS母の戦いは、やはり母の方が上手・・・でないとね(笑)



ちなみに朝忙しくてゆったり相手できない日も、もちろんありましたよ。

その時にはこんな光景も・・・

近所の方に泣きながら挨拶したり(笑)

そんなこんなで、なんとか幼稚園生継続です!



この子は、集団生活が楽しくて楽しくて・・・というタイプではないけれど、この子なりのペースでこの子らしく社会性身につけていってくれたらいいのかなと思う母です。



またその後の様子はそのうちUPしたいと思っていますのでお楽しみに♪

梅雨の時期は、リサイクルのてるてる坊主をつくろう!?【No.14】じゃがころと愉快なこどもたち

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

遊び・教育 保育園・幼稚園・こども園 幼稚園

この記事を書いた人

じゃがころ

40代筆者が怪しい記憶力を頼りに、子どもたちが幼かった日々のあれこれを描いています。
泣いたり笑ったり悩んだりした日々も今となっては懐かしく愛おしく思う今日こ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 登園しぶり、どう対応する?先生とタッグを組んで解決!【No.13】息子VS母 その3