「新品だった靴が泥だらけ…」約半数のパパママが「3〜4足を用意」と回答のタイトル画像
公開 2022年06月24日  

「新品だった靴が泥だらけ…」約半数のパパママが「3〜4足を用意」と回答

2,810 View

コノビーみんなのアンケート☆
現代育児に奮闘中のパパとママ。そのリアルな声を、そのままお届けします。


>シリーズの最初から読む

Q.お子さんの靴は何足持ってる?

「新品だった靴が泥だらけ…」約半数のパパママが「3〜4足を用意」と回答の画像1

※2022年2月22日〜23日(コノビー公式Twitterより)

「2足未満」と「3〜4足」にほぼ2分


1位は「2足未満」(47.3%)で、「3〜4足」(45.5%)が極めてわずかな差で続きました。

「7足以上」は5.5%、「5〜6足」は1.8%でした。


よそ行き用と遊びで汚れてもいい靴を揃えています


持っている靴の数は、お子さんの年齢によって違うはず。

歩き始める前までなら、室内や外出時に靴に慣れるために履いてもらうので基本的に汚れません。

それなら1〜2足で平気でしょう。

でも成長して、何にでも興味を持ち、公園で遊ぶとなると話は別。

子どもが水たまりに入ったり、ぬかるんだ場所に足を踏み入れたりして、靴は泥だらけになりますね…。

筆者が周りにいるパパママに靴の数について聞いてみると、こんな答えが。

「新品を履いて登園したはずなのに、お迎え時には真っ黒…。洗い替えは絶対に必要」(3足)

「よそ行き用に1足、遊びで汚れてもいい靴を2足揃えています」(3足)

わかりすぎる!!

気づいたら泥で真っ黒で継続着用不可の状態になっていたり、つま先部分がパックリと割れていたりと油断ができません。

しかし成長著しい時期のお子さんだと靴のサイズアウトの時期もはやいので、たくさん揃えておけばいいわけでもありません。

「値段が高い靴は1足で、あとは消耗品と割り切ってお値ごろな靴を買っています」といったコメントが寄せられました。

子ども服もそうですが、靴もそれなりのお値段がしますしね。

そう考えると「7足以上」は多い印象ですが、筆者が質問に「子ども"ひとり当たり”の靴の数」と明記しなかったので、お子さん全員の靴の数なのかもしれません。

もし2人ならひとり当たり3足ほどなので、現実的な数字ですね!

アンケートにお答えくださり、ありがとうございました。

(コノビー編集部:そのべ)



※ この記事は2024年04月21日に再公開された記事です。

Share!

アナタは多数派?令和子育てホンネ投票のタイトル画像
アナタは多数派?令和子育てホンネ投票 #326
コノビー編集部のタイトル画像 コノビー編集部