1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「うわ!窓ガラスがべちゃべちゃ!」冬のいや〜な結露対策で一番多いのはなに?

「うわ!窓ガラスがべちゃべちゃ!」冬のいや〜な結露対策で一番多いのはなに?

「うわ!窓ガラスがべちゃべちゃ!」冬のいや〜な結露対策で一番多いのはなに?のタイトル画像

コノビーみんなのアンケート☆
現代育児に奮闘中のパパとママ。そのリアルな声を、そのままお届けします。


Q.冬の結露対策なにしてる?

「うわ!窓ガラスがべちゃべちゃ!」冬のいや〜な結露対策で一番多いのはなに?の画像1

※2022年1月21日〜22日(コノビー公式Twitterより)

部屋の換気と市販の結露対策グッズがトップ


窓ガラスの内側に水滴がつき、カーテンや床が濡れるので結露って嫌ですよね。

対策を聞いたところ、「頻繁に換気をする」と「市販の結露対策グッズを使う」が33.3%で同率1位でした。

「窓ガラスを結露がつきづらいものに変える」は、20.8%でした。


水滴を吸収するシートや結露を防ぐスプレーも!


室内と室外との間の気温差で起こる結露。

窓ガラスがただ濡れるだけではなく、乾ききらない水分がカビの原因となって家族の健康が損われるおそれがあるので困りものです。

それに、ガラス窓の下にあるゴムパッキンがカビで真っ黒になると、見た目にもなんだか嫌じゃないですか…。

アンケートで最も回答があった「換気」は、結露の対策としてかなり有効な方法です。

冬の室内は暖房がきいていることが多いと思いますが、温度が高いほど空気中の水蒸気が増えるので、それだけ結露の「素」をつくりだしている状態と言えます。

そこで換気をし、外の冷たい空気を室内に入れてあげれば、窓ガラスに水滴が付きづらくなるという理屈なのです。

また100円ショップやホームセンターでは結露対策グッズがたくさん売られていていますね。

窓ガラスの下部に貼って水滴を吸収するアイテムや、結露を防ぐスプレーなどを使えば、水滴によるカビ被害を食い止められそう。

換気プラス結露対策グッズの利用で、ダブルの効果が期待できます!

窓ガラスを変えるとはなかなかに大掛かりに思えるのですが、約2割のパパママが実行しているのですね!

たしかにいちいち結露の対応をするのは面倒ですし、お子さんを含め家族の快適な暮らしのためには窓ガラスを交換するのは根本的な解決策としてありかもしれません。

結露にならない春が待ち遠しい!

アンケートにお答えくださり、ありがとうございました。

(コノビー編集部:そのべ)



当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「うわ!窓ガラスがべちゃべちゃ!」冬のいや〜な結露対策で一番多いのはなに?