1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 材料3つ!テンパリング不要!口どけ最高「バレンタイントリュフ」

材料3つ!テンパリング不要!口どけ最高「バレンタイントリュフ」

材料3つ!テンパリング不要!口どけ最高「バレンタイントリュフ」のタイトル画像

プロの「手作りトリュフ」をおうちで作ろう!



コノビーでは、SNSで話題をよんだレシピをご紹介!!

今回は、ショコラティエ/パティシエ/江口和明さん(@EguchiKazuaki)がTwitterに投稿した、材料3つで簡単にできる手作りトリュフ。

バレンタインにおすすめなレシピのご紹介です。

材料

材料3つ!テンパリング不要!口どけ最高「バレンタイントリュフ」の画像1

作り方

材料3つ!テンパリング不要!口どけ最高「バレンタイントリュフ」の画像2


①チョコレートに冷たい状態の生クリームをすべて注ぎ、ラップをかけて「600Wのレンジで30秒加熱」を何度か繰り返してチョコレートを完全に溶かす(5回前後の繰り返しが目安です)。

※ゴムベラを使って、余計な空気を入れずに混ぜるのがポイント!分離せず、きれいに混ぜることができます。

材料3つ!テンパリング不要!口どけ最高「バレンタイントリュフ」の画像3


②ラップをしいたバットに溶かしたチョコレートを流し入れて、上にもラップをかけた状態で冷蔵庫に。完全に固まるまで約30分冷やす。

※バットに流し入れる際、表面をなるべく平らにしておくと、均一に温度が下がることでよりなめらかな食感になります。


③固まったら片面ずつラップをはがして、その都度茶こし等を使って表面にココアをふりかけた後、作りたいサイズに包丁でカットする。

※冷やした後、ラップがきれいにはがれない場合は、冷やしが足りないので再度冷蔵庫に入れてください。


④カットしたチョコレートは、冷蔵庫でさらに15分ほど冷やして固める。その間に、残りのコーティング用のチョコレートを電子レンジで溶かしておく(600Wで3〜4分が目安)。


⑤カットしたチョコレートが冷えたら、それぞれ丸めていき、冷蔵庫で約10分冷やし固める。

※別のお皿にラップをしてココアをふっておき、丸めたチョコレートを並べていくと、くっつかずきれいにできます。

材料3つ!テンパリング不要!口どけ最高「バレンタイントリュフ」の画像4


⑥固まったら、溶かしておいたチョコレートで薄くコーティングし、冷蔵庫で約10分冷やす。


⑦上記を3回繰り返して分厚くするのがプロの技!「まわりはパキッ、中はトロッ」が実現します。


⑧最後のコーティングの際に、お皿に多めにココアをふっておき、転がしながら表面にしっかりココアをつける。

※仕上げのココアは、粉糖やいちごパウダーなどでアレンジ可能です!


⑨ここでポイント!最後に、ココアをふったチョコレートを茶こし等に入れてコロコロ転がしておくと、余分なココアが落ちて食べやすくなり、丸くきれいな形に仕上がります。


詳しい作り方は、ぜひ動画をご確認ください。


「冷やして固める」という工程を何度も重ねることで、プロが作るやわらかい口どけのトリュフを自宅で作ることができます。

難しい作業はないのでおすすめ!バレンタインに向けて、ぜひお試しください!


(編集:コノビー編集部 浦脇)

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 材料3つ!テンパリング不要!口どけ最高「バレンタイントリュフ」