1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 2022年のおせち、「和風」が人気No.1「小さいころから食べているから」

2022年のおせち、「和風」が人気No.1「小さいころから食べているから」

2022年のおせち、「和風」が人気No.1「小さいころから食べているから」のタイトル画像

コノビーみんなのアンケート☆
現代育児に奮闘中のパパとママ。そのリアルな声を、そのままお届けします。


Q.今年食べたおせち 種類は?

2022年のおせち、「和風」が人気No.1「小さいころから食べているから」の画像1

※2022年1月5日〜6日(コノビー公式Twitterより)

和風が約9割で、圧倒的な人気


最多回答は「和風」(85.3%)で、他の選択肢を圧倒しています。

「洋風」と「中華」は5.3%で同率2位でした。

「それ以外」が4%ですが、どんな内容か気になるところです。


年末のスーパーでおせち食材を見ると、和風を食べたくなる


おせち料理は、お正月をお祝いするために用意する食事のこと。

長寿を願った海老、金運を呼び込む栗きんとん、まめに働けるようようにと願掛けした黒豆など、おせち料理ひとつひとつには意味があります。

一説によれば、お正月には神様を招き入れるので、台所を騒がせない目的で作り置きをしておいたとか。

味付けが濃いメニューが多いのは、保存食の意味合いがあったと思うと納得です。

アンケート結果は「和風」が一強ですが、おせち料理は日本の有名な風習だけに、当然と言えますね!

筆者の周りからも「伊達巻や田作りなど、おせちの時期ならではの料理が味わえるから」「年末のスーパーでおせちの食材がズラリと並んでいる様子を見ると、やっぱり和風がいいなと思う」「小さいころから日本のおせちを食べているから」といった意見が挙がりました。

残念がらも中華や洋風おせちを食べる知人はいなかったものの、ネットに載っている写真を見る限りめちゃめちゃ美味しそう。

おせち料理に使う食材が洋風、中華風にアレンジされていて、食べてみたい…と感じました。

筆者は毎年和風おせちが好みですが、子どもの口には合わないこともあるので、2023年のおせちは中華や洋風も選択肢に入れてみます!

1月はおせち料理に加え、7日の七草粥、11日の鏡開きと季節を感じるイベントが短い間に続きます。

普段はあまり意識しない伝統に目を向けて見るのも良さそうです。

アンケートにお答えくださり、ありがとうございました。

(コノビー編集部:そのべ)



当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 2022年のおせち、「和風」が人気No.1「小さいころから食べているから」