1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. お年玉シーズンにこそ考えたい!「子どもとお金教育」のエピソード4選

お年玉シーズンにこそ考えたい!「子どもとお金教育」のエピソード4選

お年玉シーズンにこそ考えたい!「子どもとお金教育」のエピソード4選のタイトル画像

子どもがお年玉をもらって、「お金」が身近になるお正月。この機会に、家族でお金教育について考えてみませんか?

お年玉は自分で考えて使う“特別財源”に!

お年玉シーズンにこそ考えたい!「子どもとお金教育」のエピソード4選の画像1


その運用方法をご紹介!

続きを読む!:お年玉は自分で考えて使う“特別財源”に!我が家の「子どものお金管理方法」



お年玉を「使う」という体験の価値


子どもたちがもらったお年玉をどうするべきか、実はずっと考えていた。

とりあえず貯金、というていで銀行に預けていたんだけれど、なんだかちょぴりもやもやする。

というのも、せっかく親戚のみなさんからいただくのに、子どもたちはもらったその場で「とりあえず」という感じで、私の所へ持ってくる。

ご挨拶のように「ありがとう」と言いはするものの、中身の価値がもうひとつ響いていない。

ポチ袋が好きなキャラクターだったりすれば、わあと喜ぶけれど、それも一瞬。

これは少々味気ないな、と小さく思っていた。

彼らにとって、お年玉は、実感の伴わない紙と封筒でしかないのかもしれないな、と思った。

お金だって使わなければただの紙だし、ただの紙ならお絵かきができる広告の裏のほうが、よほど楽しいというもの。

子どもの頃、お年玉が嬉しかったのはなぜなんだろう、と記憶をたどったら、「やはり使った記憶」に結びつく。

お年玉をもらったら、両親がショッピングモールへ連れて行ってくれて、好きなものを買っていいことになっていた。

今の子どもたちより少し大きい、小学校中学年くらいの記憶だけれど、確か父にも母にも干渉されずに、姉とふたりでモール内の好きなファンシーショップへ入って、あれこれ物色してどきどきしながら買った。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. お年玉シーズンにこそ考えたい!「子どもとお金教育」のエピソード4選