1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 使わなくなったおもちゃ。子どもも納得するお別れの方法は?

使わなくなったおもちゃ。子どもも納得するお別れの方法は?

使わなくなったおもちゃ。子どもも納得するお別れの方法は?のタイトル画像

保育園や学童クラブ、発達支援事業所等を運営するグローバルキッズ。noteでは、元アナウンサーでNHK「すくすく子育て」のキャスターも務めた天野ひかりさんの連載を掲載しています。育児のヒントにしたい「自己肯定感を高める子どもへの声がけ」を、コノビーでもご紹介します。



元テレビ局のアナウンサーで、NHKの「すくすく子育て」の司会も務めた天野ひかりさんによる連載です。

今まで5万人以上から相談を受けてきた親子コミュニケーションのプロが、実際によく相談される悩みをどうやったら解決できるか、自己肯定感を育てる会話のコツをお話します。



おうち時間が長くなると、ついおもちゃも増えますね。

もう遊ばなくなったおもちゃを処分したい。

でも子どもの気持ちを考えると、なかなか捨てられない…という方も多いようで、「モノを大切することも教えたいので、なかなか処分できません。どうしたらいいですか?」というご相談も増えています。

上手におもちゃとお別れするために、親子でどのようにコミュニケーションをとったらいいのかを見ていきましょう。

まずはよくあるNGパターンを見てみてください。


使わなくなったおもちゃ。子どもも納得するお別れの方法は?の画像1

■「捨てる・捨てない」で議論しない


子どもに聞くと「捨てないで!」と泣いて暴れるので、見つからないようにこっそり捨てています……という方も多いです。

でも子どもって「あのおもちゃどこ?」って、ある時急に気付くんですよね(笑)

だからなかなか捨てられない気持ち、よくわかります。

一方で、飽きたらすぐに捨てることを習慣にするのも、モノを大切にする心が育たなくなるのでは?と心配で、捨てられない方も多いのではないでしょうか


・モノを大切にすること
・モノを捨てること


この2つは、まったく違う意味のように感じますよね。

でも、よくよく考えてみると、使わなくなったモノを放置したり、押入れの奥底に眠らせたままにしていることは、「モノを大切にしている」とは言えないと思いませんか?

「捨てる」「捨てない」でおもちゃを見るのではなく、「モノを大切にするとは何か?」という視点で、お子さんとおもちゃについて話してみるのがおすすめです。

OKマンガを見てみましょう。


使わなくなったおもちゃ。子どもも納得するお別れの方法は?の画像2

■モノを大切にするってなんだろう?


OKマンガいかがでしょうか?

え?こんなにうまくいくはずないって?たしかに1回ではこんなにうまくいかないかもしれません。

でも、おもちゃを放ったらかしにするほうが、悲しいことだと思いませんか?

おもちゃが「誰かの・何かの」役に立つためにはどうしたらいいか?という視点をもってみましょう。

すると会話も少しずつ変わっていきます。

たとえば

「お下がりとしてあげて、年下のお友だちに使ってもらう」
「リサイクルに出して、新しいモノに生まれ変わってもらう」
「処分して、すっきりしたお部屋で気持ち良くのびのび遊ぶ」

など。

こうした発想が、本当の意味でモノを大切にすることにつながります。このことに気づける会話を意識するのがポイントです。


■一方的な「捨てるよ」はNG


お父さん、お母さんは、おもちゃの価値を値段で判断しがちですね。

でも子どもにとっては値段なんて関係なくて、こだわりや思い出が詰まっているモノこそが大切なおもちゃ。

子ども自身が、自分で考えて、答えを出せるといいですね。


「使ってないなら捨てるよ」
「片付けないなら捨てるよ」
「おもちゃ箱がいっぱいだから捨てるよ」


といった声掛けでは、モノを大切にする気持ちはなかなか育たないかもしれません。


■おもちゃとの上手なお別れの仕方とは?


おもちゃ1つ1つの物語を子どもが話せるといいと思います。こんなふうに問いかけてみましょう。


「このおもちゃは、いつ、どんな時に遊んだっけ?」
「だれと遊んだっけ?」
「どんな工夫をして遊んだっけ?」
「他のおもちゃと何が違うのかな?」


こんな感じで丁寧におもちゃの一生について、親子でお話をしてみてください。

すると「もう自分は十分に遊んでおもちゃを卒業した」ことがわかってきます。

また、そのおもちゃについて話すのも面倒な場合は「もう自分は今は興味がない」こともわかってきます。

処分するモノを決められない場合は、好きなモノや必要なモノを選んでみるのがおすすめです。

捨てるモノを選ぶより、好きなモノを選ぶほうが、ポジティブ。

子どもの目の輝きも変わります。

そして


「もう、このおもちゃとはバイバイする」
「このおもちゃは、あの子にあげる」
「これは、工夫してもうちょっと遊ぶ」


など、自分で決められるようになっていきます。

この積み重ねで、おもちゃと上手にお別れできるようになっていくのだと思います。


■別れ方が身につくと、買い方がわかる


親子でたくさん話し、おもちゃを捨てることに悩んだからこそ、新しいおもちゃを買うときに


「本当に欲しいのか?」
「本当に使うのか?」
「それが1番いいのか?」
「すぐに飽きないか?」
「使った後はどうするのか?」


を考えて選べるようになっていきます。

こういった選択が、モノを大切にすることにつながるのではないでしょうか。

たかがおもちゃ……ですが、おもちゃから学べること、たくさんありそうですよ。


#まとめ #
■今日のコミュポイント■
「捨てる・捨てない」ではなく、大切にするために「話す」ことを重ねよう!


(マンガ:とげとげ。)


■プロフィール■
天野ひかり http://amanohikari.com
上智大卒。テレビ局アナウンサーを経てフリーに。NHK「すくすく子育て」キャスターの経験を生かし、親子コミュニケーションアドバイザーとして 講演や企業セミナー講師を務める。子どもの自己肯定感を育てるため自身で立ち上げた「NPO法人親子コミュニケーションラボ」代表理事、一般社団 法人グローバルキッズアカデミー主席研究員(https://www.gkids.co.jp/)。主な著書に『子どもが聴いてくれて話してくれる会話のコツ』(サンクチュアリ出版)や『賢い子を育てる 夫婦の会話』(あさ出版)などがある。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 使わなくなったおもちゃ。子どもも納得するお別れの方法は?