1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 挨拶できない子どもにヒヤッとするけど…。無理に言わせなくてもいいワケ

挨拶できない子どもにヒヤッとするけど…。無理に言わせなくてもいいワケ

挨拶できない子どもにヒヤッとするけど…。無理に言わせなくてもいいワケのタイトル画像

保育園や学童クラブ、発達支援事業所等を運営するグローバルキッズ。noteでは、元アナウンサーでNHK「すくすく子育て」のキャスターも務めた天野ひかりさんの連載を掲載しています。育児のヒントにしたい「自己肯定感を高める子どもへの声がけ」を、コノビーでもご紹介します。



元テレビ局のアナウンサーで、NHKの「すくすく子育て」の司会も務めた天野ひかりさんによる連載です。

今まで5万人以上から相談を受けてきた親子コミュニケーションのプロが、実際によく相談されるコミュニケーションの悩みを、どうやったら解決できるか、自己肯定感を育てる会話のコツをお話します。



恥ずかしがって挨拶できないお子さんや、小さい頃は言えたのに最近言わなくなったというお子さんに、悩むお母さんお父さんも多いようです。

「子どもを叱るのも嫌なので、やさしく挨拶を教えているのですが、言えるようになりません。。。どうしたらいいですか?」というご相談。

まずはNGマンガから見てみましょう。


挨拶できない子どもにヒヤッとするけど…。無理に言わせなくてもいいワケの画像1


このマンガ、どこがNGポイントかわかりますか?

答えは、無理やり「おはよう」と言わせようとしているところです。

親はやさしく教えているつもりかもしれません。

でも子どもにとっては「言わされている」という印象なのですね。


■無理やり言わせるのは無意味


子どもにやさしく教えても、ほめても、練習させても、言えるようにならず、焦ってしまう気持ちはわかります。

大きな声で挨拶できる他のお子さんを見ると、さらに心配になってしまうかもしれませんね。

でも、親が子どもに言わせていては、意味はありません。

まずは、「挨拶したい!」という子どもの気持ちを育むことが先です。

そのためには、お子さんのありのまま(この場合は、言えない子ども)を認め、コミュニケーションしたい思いを汲みとり、親がお手本を見せることが大切です。

OKマンガを見てみましょう。


挨拶できない子どもにヒヤッとするけど…。無理に言わせなくてもいいワケの画像2

■「おはよう」以前に大切なこと


OKマンガ、いかがでしょうか?

え?子どもがおはようございますって言ってないじゃないかって?解決になってないって?

はい(笑)

たしかに言えていませんね。

でも、「おはよう」を言うか言わないかよりも、相手とコミュニケーションしたいと思えるかどうかが大切なのです。

親が「おはよう」を言わせることにこだわっていると、子どもが先生(相手)と向き合う気持ちを育むことを邪魔する可能性があります。

さらに、親が「うちの子、言えなくてすみません」と間接的に子どもをダメだしすることで、言えない自分を否定することにつながっているとしたら、悲しいと思いませんか?

それに、しつけのできる親だと第三者に思われる必要は全くありません。

子どもの中にある先生やお友だちへの思いをじっくり育てている時間だと思って、応援しましょう。


■たった1つのコツで、子どもは挨拶できるようになる


その時大事なのは、親がお手本を見せること。

この場合は、「先生! おはようございます!」と先生の目を見て、元気に言うことです。

お母さんお父さん自身が元気に挨拶できていれば、子どもは必ず言えるようになります。

お子さんのことが心配なら、まずは自分を振り返ってみてください。

ポイントは、相手に言われてから「おはよう」を返すのではなく、こちらが先に言うことです。

子どもにやらせる前に、自分が変わりましょう。

なかなか難しい……と思ったら、子どもにはもっと難しいはずだと気づくかもしれません。

挨拶したい気持ちを育む。

親が元気に「おはよう」と言う声を聞かせ、「おはよう」と自ら元気よく声をかける姿を見せる。

目と耳で親の手本を示しましょう。

これを繰り返すことで、お子さんは気持ちのこもった本当の挨拶が言えるようになるはずです。

言わせて言えても、子どもは呪文を唱えているだけ。

いずれ挨拶できなくなってしまうかもしれません。それは本当にもったいないこと。

挨拶はコミュニケーションの基礎です。

焦らず、まずは対話したい気持ちを育むことから始めましょう。


■今日のコミュポイント■
「言わせる(指示)より、気持ちを育む(お手本)を見せよう」


(マンガ:とげとげ。)


■プロフィール■
天野ひかり http://amanohikari.com
上智大卒。テレビ局アナウンサーを経てフリーに。NHK「すくすく子育て」キャスターの経験を生かし、親子コミュニケーションアドバイザーとして 講演や企業セミナー講師を務める。子どもの自己肯定感を育てるため自身で立ち上げた「NPO法人親子コミュニケーションラボ」代表理事、一般社団 法人グローバルキッズアカデミー主席研究員(https://www.gkids.co.jp/)。主な著書に『子どもが聴いてくれて話してくれる会話のコツ』(サンクチュアリ出版)などがある。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 挨拶できない子どもにヒヤッとするけど…。無理に言わせなくてもいいワケ