1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 習いごとの練習は“やらせる”のではなく“いつ始めるか”自分で決めさせる

習いごとの練習は“やらせる”のではなく“いつ始めるか”自分で決めさせる

習いごとの練習は“やらせる”のではなく“いつ始めるか”自分で決めさせるのタイトル画像

保育園や学童クラブ、発達支援事業所等を運営するグローバルキッズ。noteでは、元アナウンサーでNHK「すくすく子育て」のキャスターも務めた天野ひかりさんの連載を掲載しています。育児のヒントにしたい「自己肯定感を高める子どもへの声がけ」を、コノビーでもご紹介します。



元テレビ局のアナウンサーで、NHKの「すくすく子育て」の司会も務めた天野ひかりさんによる連載です。

今まで5万人以上から相談を受けてきた親子コミュニケーションのプロが、実際によく相談されるコミュニケーションの悩みを、どうやったら解決できるか、自己肯定感を育てる会話のコツをお話します。


自らすすんで始める子になってほしい!


「自らすすんで習い事の練習をする子にするには、どうしたらいいでしょうか」

とてもよく聞かれる質問です。

習い事の練習もできないと、小学生になってからも「宿題しなさい!」と言い続けなくていけないのではないか?と心配になりますよね。

きょうから言葉掛けを変えて、自分からしたい!と思う気持ちを今のうちに育むことが大切です。


習いごとの練習は“やらせる”のではなく“いつ始めるか”自分で決めさせるの画像1

子どもが自分で始めるためのコツ


​「練習しなさい!」と言い続けていませんか?

残念ながらこれは逆効果かもしれません。

言われないとやらない子になってしまう可能性があるからです。

「しなさい!」と言ってやらせるのではなく、大事なのは「自分でいつ始めるのか」を子どもが決めること。

つまり主体的に取り組めるようにすることが大切です。

OKマンガを見てみましょう。


習いごとの練習は“やらせる”のではなく“いつ始めるか”自分で決めさせるの画像2

「1時間後に始めよう!」は意味なし


小学校低学年くらいまではまだ時間の感覚はないので、「1時間後に始める」などの約束は意味がありません。

遊んだあとに始める。

おやつのあとに始める。

夕食のあとに始める。

など順番を考えるくらいから始めましょう。

まずは、子どもが「自分で決めた!」と思うことがポイントです。

それでもゲームをだらだらとやっている場合は、

「ゲーム、どんな調子? ママはもうすぐ夕食準備終わりそうだけど、どう?」

と子どものやる気を後押しするような言葉をかけましょう。

「ゲーム終わったら、ピアノやるって自分で決めたんでしょ?」

といった嫌味は言わないように。

子どものやる気を損ねます。

ちゃんとやったら、ご褒美が待っていると感じさせるのもいい方法ですね。

先に練習をしたら、ゆっくりケーキが食べられる。

YouTubeが見られるなどですね。


「練習しないとYouTube見せないよ!」はNG


時々「練習しないとYouTube見せないよ」と交換条件に使う場合がありますが、これは、NGです。

イヤイヤ練習しても仕方ありません。

あくまで、自分でやりたい気持ちを育てることが目的であって、練習させることが目的ではないからです。


ご褒美目的にならないか心配


「ご褒美目的で、練習をするようになるのではないか」と心配する方もいますが、大丈夫。

子どもは親が思うよりずっと賢いのです。

そのうち、もっと嬉しいごほうび、つまり練習することの本当の意味を理解していきます。

例えば練習すると、

・先生やお母さんお父さんにほめられる
・叱られない
・ピアノ(この場合)が上手に弾けて楽しくなる
・発表会や試合で結果を出せる
・自分はやればできると自信を持つ

子どもにとってのご褒美は、ケーキやゲームではなく、その先にあるもの。

「練習をする目的を考える習慣ができていくこと」が、ご褒美です。

これができれば、小学校に上がっても心配いりません。

自分で考えてやる子になるからです。


■今日のコミュポイント■
「やらせる(受け身)ではなく、子どもが自分でタイミングを決める(自発的)」


(マンガ:とげとげ。)


■プロフィール■
天野ひかり http://amanohikari.com
上智大卒。テレビ局アナウンサーを経てフリーに。NHK「すくすく子育て」キャスターの経験を生かし、親子コミュニケーションアドバイザーとして 講演や企業セミナー講師を務める。子どもの自己肯定感を育てるため自身で立ち上げた「NPO法人親子コミュニケーションラボ」代表理事、一般社団 法人グローバルキッズアカデミー主席研究員(https://www.gkids.co.jp/)。主な著書に『子どもが聴いてくれて話してくれる会話のコツ』(サンクチュアリ出版)などがある。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 習いごとの練習は“やらせる”のではなく“いつ始めるか”自分で決めさせる