1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「年越しそばがないと年末感がない」パパママの約8割が「食べる」と回答

「年越しそばがないと年末感がない」パパママの約8割が「食べる」と回答

「年越しそばがないと年末感がない」パパママの約8割が「食べる」と回答のタイトル画像

コノビーみんなのアンケート☆
現代育児に奮闘中のパパとママ。そのリアルな声を、そのままお届けします。


Q.年越しそばは食べる?

「年越しそばがないと年末感がない」パパママの約8割が「食べる」と回答の画像1

※2021年12月15日〜16日(コノビー公式Twitterより)

「食べる」が圧倒的多数


2021年も残すところわずかですね!

年末にはクリスマス、大掃除、仕事納めなどイベントが目白押しですが、大晦日に食べる年越しそばは年の瀬の行事の代表格です。

そんな年越しそばを食べるかをアンケート調査をしたところ、1位は「食べる」(70.7%)で、「食べない」(8%)に大差をつけています。

「決めていない」は14.7%、「それ以外」は1.3%でした。

年越しうどんを食べるのかもしれませんね。




子どもたちに季節の行事を教えるきっかけに


年越しそばの由来には様々ありますが、そのひとつが、延命や長寿への願いです。

そばは細くて長いので、そう考えられたのでしょうね!

冬の寒い夜にあったかいそばを食べると体が温まるし、ほうれん草や揚げ玉のようなトッピングをするだけで仕上がるので料理も楽。

筆者の周りにいる食べる派に理由を聞くと、「年越しそばをたべないと今年が終わった感じがしない」「小さいころからの習慣だから」といった意見が寄せられました。

お雑煮と同じで、年越しそばは地域によって具材や食べるタイミングに違いがあり、その土地の文化にもなっています。

筆者の父の実家がある地域では年末に各家庭でそばを手打ちし、近所におすそ分けする習慣がありました。

そば粉に小麦粉と水を混ぜて、練る練る練る、伸ばす伸ばす伸ばす。

言葉にしたら簡単だけど、めちゃめちゃ大変な作業で真冬なのに汗びっしょり…。

そんな手打ちそばは大晦日の夕食のほか、年明けのタイミングで夜食として美味しく食べたことを覚えています。

こうした思い出が、大人になったときにも年越しそばを食べ続けるきっかけになっているのかも。

子どもたちには季節の行事をいろいろと教えていきたいですね!

アンケートにお答えくださり、ありがとうございました。

(コノビー編集部:そのべ)




当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「年越しそばがないと年末感がない」パパママの約8割が「食べる」と回答