1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. ママ友同士で持ち寄りパーティしよう!持ち寄りパーティーを気軽に楽しむための心得

ママ友同士で持ち寄りパーティしよう!持ち寄りパーティーを気軽に楽しむための心得

ママ友同士で持ち寄りパーティしよう!持ち寄りパーティーを気軽に楽しむための心得のタイトル画像

誰でも一度は経験のある持ち寄りパーティ。料理が苦手な人にとっては、「何を持って行こう?」と悩むところですよね。でも、みんなで集まって楽しく過ごしたい。そんな方のために、気軽に参加するための心得をお伝えします。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10186006630

料理は前日に作る!

幼稚園・保育園ママたちが持ち寄りパーティをするのは、たいていランチタイムですよね。幼稚園ママなら、平日に子どもを送り出した後に集まり、保育園ママは週末に家族みんなで集まるパターンが多いのではないでしょうか?

朝、早起きして持ち寄りの料理を作ろうと思っても、思いがけず子どもも早起きして予定が狂ったり、慌てて作って失敗してしまったりすることもあります。そのため、私は前日に料理を作ることが多いです。たとえば、マリネ系のもの。ミニトマトのマリネ、きのこのマリネなど、前日に作っておいたほうが味がしみて美味しい料理がオススメです。

作り慣れたお料理を持っていこう!

持ち寄りパーティに持っていくお料理は、おしゃれで手の込んだお料理じゃなくては、と思っていませんか?もちろん、普段、なかなか作ることができないおもてなし料理に挑戦するのも良いのですが、もし失敗してしまったら?予想以上に時間がかかってしまったら?と考えると、なかなか難しいですよね。

私は、簡単で何度も作っていて、持っていくと皆さんに好評なお料理を、持ち寄りの定番レシピに決めています。たとえば、先ほど書いたミニトマトのマリネやきのこのマリネは、サラダ系の定番。メイン系は玉ねぎとベーコンのキッシュや焼き豚。デザートならりんごのクランブルやチョコレートケーキ、ゼリーなど。集まるメンバーが何を持ってくるかで、全体のバランスを考えて、何にするかを決めます。

キッシュは難しそうなイメージがありますが、何度も作っているので手順が頭に入っており、それほど大変には感じません。マリネや焼き豚は普段の食事にも作っているので、失敗することはありません。



普段作っている料理の中から、美味しくて自慢のレシピを持ち寄りの定番にしても良いですし、簡単なのに見た目はおしゃれなレシピを新たに探してみても良いですね。

料理が苦手なら飲み物を担当する!

周りにお料理上手な人が多く、どうしても自信がない人、お子さんが小さかったり、仕事が忙しかったりして余裕がない時なども、無理に手作りのお料理を持参せずに、飲み物やパン、フルーツなどを買っていく係になっても良いでしょう。そうすれば、気軽に参加し楽しい時間が過ごせるのではないでしょうか?

まとめ

持ち寄りパーティは、お店で食事をするのとは一味違う、楽しくて美味しい時間です。忙しくても、お料理が苦手でも、定番料理がいくつかあれば、気軽に参加できますよ。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
まついまりの画像
まついまり

「ママの笑顔が家族の笑顔に」をモットーに、マスターライフオーガナイザーとして入門講座、2級認定講座を行う。もともと自己流で片づけを行っていたが、何度もリバウンド...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. ママ友同士で持ち寄りパーティしよう!持ち寄りパーティーを気軽に楽しむための心得