1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもの熱中症対策に!お家で子どもが自分で水分を取れるようにする2つのアイデア

子どもの熱中症対策に!お家で子どもが自分で水分を取れるようにする2つのアイデア

子どもの熱中症対策に!お家で子どもが自分で水分を取れるようにする2つのアイデアのタイトル画像

暑い日が続くと子どもの熱中症も心配ですね。夏休みや週末など、「喉が渇いた」「お茶ちょうだい」という声に家事を中断して対応するのも大変だし、喉が乾く前に水分が取れると安心ですよね。お家で子どもが自分で水分を取れるようにする2つのアイデアをご紹介します。

出典:http://www.amazon.co.jp/ハリオ-ウォータージャグ-000ml-オリーブグリーン-WJ-10-OG/dp/B00I9254KW

子どもの「喉が渇いた!」

暑い日が続くと子どもの熱中症も心配ですね。夏休みや週末など、子どもと家で過ごす時間が長いと、「喉が渇いた」「お茶ちょうだい」などと言われることが多くなってきます。子どもは家の中で遊んでいても、たくさん汗をかきますから、水分補給は大切ですよね。



でも、1日に何度も「喉が渇いた」「お茶ちょうだい」という声に家事を中断して対応するのも大変だし、喉が乾く前に水分が取れると安心ですよね。お家で子どもが自分で水分を取れるようにする2つのアイデアをご紹介します。

アイデア1.ダイニングに飲み物をセットする

ステンレスのポットをお持ちであれば、冷たい飲み物を入れて、コップも一緒にダイニングテーブルにセットしておくと、5〜6歳のお子さんであれば、自分でコップにお茶を入れて飲むことができるでしょう。ポットは大きすぎると重たくなりますから、小さめのサイズがオススメです。また、持ち手がついているタイプのポットが注ぎやすいですね。

子どもの熱中症対策に!お家で子どもが自分で水分を取れるようにする2つのアイデアの画像1

アイデア2.ポットがなければ水筒を用意する

ポットからコップに飲み物を注ぐのが難しいお子さんや、家にステンレスポットがないご家庭では、保冷できる水筒に飲み物を入れて置いておくと良いでしょう。お子さんが2人、3人と複数いらっしゃる場合は、お子さんごとに水筒を用意しておきます。喉が乾いたら、自分で飲めるようにしておくと、ママの負担が減りますね。



また、水筒の置き場所は、「ダイニングテーブル」「キッチンカウンター」など、それぞれのご家庭で定位置を決めて、「飲むのはその場所で飲もうね」とルールを決めておきましょう。そうすれば、水筒がどこかに行ってしまうことはなくなりますし、いつの間にかこぼしていたということもありません。

ちょっとの工夫がママの負担を減らしてくれる♪

お出かけの時に水筒を持っていくことはあると思いますが、実は家でも便利に使える水筒。家にあるポットや水筒を活用して、ママの負担を減らしてみてはいかがでしょうか?

少しの工夫でママのイライラが減り、子どもも自分でできることが増え、家時間をゆったりとした気持ちで過ごすことができますよ。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 健康管理

この記事を書いた人

まついまり

「ママの笑顔が家族の笑顔に」をモットーに、マスターライフオーガナイザーとして片づけサポートや講座を行う。もともと自己流で片づけを行っていたが、何度もリバウンドを...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもの熱中症対策に!お家で子どもが自分で水分を取れるようにする2つのアイデア