1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. やっぱ最後はそうなるよね!?ベルギー「シンタクラースの日」に共感が止まらない

やっぱ最後はそうなるよね!?ベルギー「シンタクラースの日」に共感が止まらない

やっぱ最後はそうなるよね!?ベルギー「シンタクラースの日」に共感が止まらないのタイトル画像

ベルギーのオランダ語圏に住んでいる我が家。子どもたちが楽しみな「シンタクラースの日」のお話です。



まいどおおきに!毎年のように、この時期になったら「もう12月!?」と驚く系オカン、さとえみです。

皆さんも驚いてますよね?もう12月なんですよ……!?

やっぱ最後はそうなるよね!?ベルギー「シンタクラースの日」に共感が止まらないの画像1


さてさて、12月といえばクリスマスですね。

私が住んでいるベルギーでは(オランダ語圏の地域では)、子どもたちがプレゼントをもらう機会が12月中に2回あり、早速12月初旬にその1回目が訪れます。

それは別名「シンタクラースの日」というものです。

やっぱ最後はそうなるよね!?ベルギー「シンタクラースの日」に共感が止まらないの画像2


「何かと似てるな……?」と思われた方はご名答です。

漫画を見ていただけると分かる通り、日本やアメリカなどでよく見る「サンタクロース」っぽいところがたくさんある聖人さんの日です。

靴の中にプレゼントが入っていたりする点も、似ているところにひとつと言えるでしょう。

やっぱ最後はそうなるよね!?ベルギー「シンタクラースの日」に共感が止まらないの画像3


違う部分ももちろんありまして、それは「シンタクラースは、ソリではなく馬に乗ってやってくる」という点です。

(本当は、馬の前に船に乗ってスペインからやってくる……という設定なのですが、ここでは詳細は割愛させていただきます。)


そのため、暖炉のそばに、馬のおやつやシンタクラースのおやつを置いておくという習慣があります。

馬が食べやすいように、ブーツ型の靴にニンジンやワラを入れることが多いのですが、我が家の周りではニンジンが主流。

きっと、証拠隠滅が簡単だから……でしょう(笑)

やっぱ最後はそうなるよね!?ベルギー「シンタクラースの日」に共感が止まらないの画像4


毎年のように、この時期の親は戦々恐々としているのですが、昨年からは新型ウイルスの影響で物流が滞ることもあるため、例年とは違った苦労もありました。

子どもの笑顔を守るためとはいえ、本当にお疲れ様ですよね……。

日本のサンタさんも、体調に気をつけながら頑張ってください!


ほなまたね!

さとえみさんの記事をまとめて読む!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
さとえみの画像
さとえみ

ベルギーの片田舎に生息するお絵かき好きの主婦です。
ベルギー人夫ヤンと共に二人三脚で三姉妹を育てています。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. やっぱ最後はそうなるよね!?ベルギー「シンタクラースの日」に共感が止まらない