1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 決まり文句は「へぇ~、ふ~ん」。子どもの話を聞く私は、まさに『石』だった

決まり文句は「へぇ~、ふ~ん」。子どもの話を聞く私は、まさに『石』だった

決まり文句は「へぇ~、ふ~ん」。子どもの話を聞く私は、まさに『石』だったのタイトル画像

先日、とあるセミナーに参加した私は、普段の子供との接し方を深く反省することになりました。

だって仕事中だから


我が家には小学校3年生の男女の双子がいます。

双子たちは学校から帰ってくると、在宅勤務中の私の部屋にやってきて

「今日ね、学校でね、こんなことがあってね……」

と、その日あったことを教えてくれます。

でも子供の話は脈絡がなかったり、話がとんだりと、聞くにも労力が必要で、しかも私は仕事中。

仕事に集中しているため、子どもたちが一生懸命話していても、PCに向かいながら「へぇー」「ふーん」と、うなづくだけで聞いたつもりになっていることがしばしばでした。

つい、「今仕事中だからあとでね」とおざなりな対応をしてしまっていたのです。

自分の対応が良くないことは分かっているけど、こちらも仕事中だから分かってほしい。

そんな気持ちで接していました。


決まり文句は「へぇ~、ふ~ん」。子どもの話を聞く私は、まさに『石』だったの画像1
pixta_72703079_S

母、話の聞き方を学ぶ


そんな日々の中、とあるセミナーで「話の聞き方」を学ぶ機会がありました。

その中で、<3つの聞き方>というワークを体験したのですが、これがなかなかの衝撃体験で、私のこれまでの双子に対する対応を深く反省するきっかけになりました。


このワークでは、3パターンで話を聞く(話す)ワークをしました。

1つ目は、「石」になって聞く。

2人1組で、向い合せに座り、相手の話を「石になって聞く」のです。

石なので、あいづちを打ったり、うなづいたりしてはいけません。

ただそこにいるだけで、無表情で話を聞くのです。

石になっている時間はたった3分でしたが、相手が話せば話すほど(といっても、とても話しづらそう……)、無視をしているようで、どんどん気まずい気持ちになり、こちらが悪いことをしているような、辛い気持ちになりました。

そして今度は交代して、私が相手「石」に向かって話すことになりました。

無表情の人を相手に3分間話すというのは、苦行でした。

想像以上に辛く、「全く話を聞いてもらえていない」と感じ、相手に大切にされていないような、なんとも言えない気持ちになりました。

決まり文句は「へぇ~、ふ~ん」。子どもの話を聞く私は、まさに『石』だったの画像2
pixta_81607139_S


2つ目は、うなずきながら聞くというものでした。

1つ目の石を経験した後なので、うなずいてもらえるだけで「聞いてもらえている」という安心感があり、とても話しやすくなることを実感しました。

逆に聞く側になったときも、うなずくことで、あなたの話を聞いていますよとメッセージを送ることができ、相手に対しての罪悪感が減り「こんなにも心が軽くなるものか」と感じました。


3つ目は、うなずき、あいづちを打ちながら聞くというものでした。

私が話している間、うなずいたり、あいづちを打ってもらえるだけで、とても話しやすくなることを改めて認識しました。

「この人は私の話を聞いてくれているんだな〜」と安心することを経験したのです。

聞く側に交代したときも、うなづいたり、あいづちを打つことで、しっかりと相手に「あなたの話を聞いていますよ」と伝えることができる。

あいづちを通して、共感や、驚きなども伝えることができることを体感しました。


決まり文句は「へぇ~、ふ~ん」。子どもの話を聞く私は、まさに『石』だったの画像3
pixta_69418188_S
この記事を書いた人
おぎの画像
おぎ

2012年生まれの小学3年生の男女双子の母
転勤族の妻
双子を連れて2度の引っ越し(広島・福岡)経験あり。
現在、都内ベンチャー企業にて短時間正社員として...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 決まり文句は「へぇ~、ふ~ん」。子どもの話を聞く私は、まさに『石』だった