1. >
  2. >
  3. >
  4. 出産当日で退院!?出産費用は無料!イギリスでの妊娠と出産事情

出産当日で退院!?出産費用は無料!イギリスでの妊娠と出産事情

出産当日で退院!?出産費用は無料!イギリスでの妊娠と出産事情のタイトル画像

私はイギリス在住歴11年、5歳と3歳の女の子を子育て中です。イギリスでの子育てについて発信していきます!今回はイギリスでの妊娠・出産事情を経験を元にお伝えいたします。

Rieのアイコン Rie

妊娠中、どのくらい病院に通う?!

イギリスでは医療は基本、無料です。(プライベートの医療にかかる時は有料です。)妊娠が発覚したら、まずはかかりつけの病院(GP)に行き、出産予定日を確認してもらいます。



次の診察は妊娠12週目です。それまでに何の問題もない場合、ここで初めて赤ちゃんのスキャンをしてもらいます。実際、12週目まで赤ちゃんを見る事ができないので、この初めてのスキャンはとてもドキドキしました。ここで心音も確認してもらえます。

12週目で診察してもらった後、次の診察は20週目となります。ここでもスキャンをして、心音を確認してもらいます。スキャンはこの2回だけで終わります。そして、病院によりますが、この時点で性別を教えてもらえます。



長女の場合、何の問題もなく教えてもらえました。次女の時は、違う病院での出産で、この病院のポリシーで性別は教えてもらえませんでした。のちに、日本に一時帰国した際に、日本の産婦人科で次女の性別を確認しました。この後は36週目まで月1回の検診、36週目以降は週1回の検診です。※個人差はあります。

いよいよ出産!

ここからは日本と大きく違うと感じたところです。日本の場合、出産費用は手当の補助はありますが個人負担が原則で、出産してから1週間くらいは病院に入院することができますよね。イギリスの場合、出産費用がかかりません。そして、出産ができる病院も限られているため、病室、ベッドにも限りがあるため、びっくりされるかもしれませんが、出産時に母子共に何も問題がなければ、出産当日に退院となります。

私の長女出産の場合、長女が3,900gと大きい赤ちゃんだったので、私の出血がひどく2日間その病院に入院しました。3日後には退院です。



次女の場合は36週で生まれて来てしまったので、呼吸が少し不安定だったこともあり、保育器に2日間程入っていました。これまた2日入院、3日目には退院です。

出産当日で退院!?出産費用は無料!イギリスでの妊娠と出産事情の画像2

出産後のケア

出産後、1週間以内に助産婦さんが自宅に来て、母子の様子を診てくれます。この時は主に、母乳のあげ方をきちんと教えてくれます。その後、3週間ほどしてからまた助産婦さんが自宅に来て、乳児の体重を計り母乳の量、粉ミルクの必要性などを確認します。

イギリスと日本の良いとこ取りで子育て

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

Rie

イギリス、ロンドン郊外で二人の女の子を子育て中。
最初は大嫌いだったイギリスも住めば都。
イギリスの文化、習慣、学校、子育てについて綴っています。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 出産当日で退院!?出産費用は無料!イギリスでの妊娠と出産事情