1. >
  2. >
  3. >
  4. 「子どもの喧嘩は、親が裁判官にならなくていい」〜兄弟喧嘩や物の貸し借りのお悩み相談〜

「子どもの喧嘩は、親が裁判官にならなくていい」〜兄弟喧嘩や物の貸し借りのお悩み相談〜

「子どもの喧嘩は、親が裁判官にならなくていい」〜兄弟喧嘩や物の貸し借りのお悩み相談〜のタイトル画像

ママたちが抱える子育てのお悩みに対して、バースセラピスト・やまがたてるえさんを招き、対談形式でお答えしていきます。初回は、兄弟喧嘩などの兄弟同士の関わり方や、お友だちと物の取り合いになった時の親の対応方法についてアドバイスをしていただきました。

子育て中のママ・パパが抱える疑問や悩みにお応えする当企画。今回は「兄弟の関わり」についてです。



赤ちゃんだった子どもたちも、いつの間にか歩き始め言葉を発し、すぐに大きくなっていきます。赤ちゃんのころはお世話でいっぱいいっぱい。子どもが大きくなるにつれてお世話の手は離れていっても、兄弟同士の喧嘩やいざこざが増えてしまって悩んでいる・・・という方も多いのではないでしょうか。



「兄弟喧嘩やお友だち同士で物の取り合いをした時は親はどうすればいいの?」

「上の子が下の子を溺愛。おもちゃもすべて譲ってくれるので、わがままに育ってしまわないか心配・・・」



などなど、悩みのタネは様々。



そんな皆さんのお悩みについて、多数の育児書籍や子育てアドバイスの経験をお持ちのやまがたてるえさんに聞いてみました!

やまがた てるえ さん プロフィール

「子どもの喧嘩は、親が裁判官にならなくていい」〜兄弟喧嘩や物の貸し借りのお悩み相談〜の画像1

バースセラピスト、助産師・看護師。NPO法人JASH日本性の健康協会理事。

二人の子どもの子育て中に自分自身が産後ブルーを体験し、いろいろなセラピーや自然療法を学ぶ。助産師経験を生かし、地域の子育て相談に参加、1000名以上のお母さんとの対話から自ら「バースセラピスト」(産前産後の心を癒すメッセンジャー)として、活動を始める。2015年1月に発売された『女性ホルモンを整えて幸せになる! ぽかぽか子宮のつくり方』(河出書房新社)など、著書多数。

やまがた てるえさんの著書はこちらをクリック

今回ご相談するのは、こちらのお二方

「子どもの喧嘩は、親が裁判官にならなくていい」〜兄弟喧嘩や物の貸し借りのお悩み相談〜の画像2

◆飯田さん(写真右)

もうすぐ4歳の男の子と、1歳5ヶ月の女の子がいる。下の女の子の気が強く、お兄ちゃんと喧嘩をするため、その対応に悩んでいる。



◆二子さん(写真左)

14歳と10歳の息子と、7歳と1歳半の娘の4人のお子さんがいる。上の子と一番下の子の年齢が離れているので、末っ子が兄弟に甘やかされ過ぎているのではないかと心配している。

【テーマ】兄弟喧嘩や、お友だちとの物の取り合い、兄弟との関わり方・・親はどう対応したらいいの?

やまがたさん:はじめまして。やまがたてるえです。

私自身も10歳と8歳になる娘がいます。産後大変な思いをし、子育てにたくさん悩んできたからこそ、その経験を活かして、ママの気持ちが楽になるようなメッセージを伝えられたら、と考えています。よろしくお願いします。



一同:よろしくお願いします!

「子どもの喧嘩は、親が裁判官にならなくていい」〜兄弟喧嘩や物の貸し借りのお悩み相談〜の画像3

【質問①】1歳半の妹と、4歳のお兄ちゃんが兄弟喧嘩をすることが多くて、その仲裁の仕方が分からずに困っています

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

李 錦蘭 [Conobie編集部]

Conobie編集部です。
当企画では、普段子育て中のママパパが抱えがちな子育てのお悩みに対して、経験豊富なママや先生方が多数の対応方法を提示いたします。みな...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 「子どもの喧嘩は、親が裁判官にならなくていい」〜兄弟喧嘩や物の貸し借りのお悩み相談〜