1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 天皇陛下が朗読されたことも!年末年始のお供にしたい育児書

天皇陛下が朗読されたことも!年末年始のお供にしたい育児書

天皇陛下が朗読されたことも!年末年始のお供にしたい育児書のタイトル画像

子どもは親の背中を見て育つものです。子どもへの接し方をつづった大ベストセラーから、子育ての知恵を学びましょう。

HEWのアイコン HEW


ドロシー・ロー・ノルトの有名な詩『子は親の鏡』をご存知ですか?

『子は親の鏡』は、子どもが両親から大きな影響を受け、生き方や価値観などを学ぶということを、19行のわかりやすい言葉でつづった詩です。

37ヶ国語に翻訳されて世界中で共感を呼んでおり、2005年に当時の皇太子殿下(現・天皇陛下)が誕生日の記者会見で朗読されたことでも話題になりました。

今回ご紹介する『子どもが育つ魔法の言葉』(PHP研究所、2003年)は、そんな『子は親の鏡』を1行ずつ取り上げ、作者のドロシーと同僚のレイチャル・ハリスが詳しく解説を行った、まさに“子育てのバイブル”というべき1冊です。

世界22ヶ国語に翻訳され、130万部以上を売り上げた大ベストセラーである本書。

その中でドロシーとレイチャルは、子どもがいかに両親の姿を見て育つのかということについて、19行の詩にもとづきながら触れていきます。


天皇陛下が朗読されたことも!年末年始のお供にしたい育児書の画像1
pixta_45927136_S


「親の背を見て子は育つ」ということわざがあるように、親の言動が子どもに与える影響力は大きいものですよね。

本書では、子育てにおける親の影響力や子どもへの接し方について、具体例を交えながら丁寧につづっていきます。

よい行いをすればよい子に育ち、優しく接すれば優しい子に育つでしょう。

反対に、ネガティブな感情を子どもにぶつけてばかりだと、引っ込み思案で乱暴な子に育ってしまうかもしれません。

どんなふうに子育てをしていくべきなのか、そのヒントが本書の中には詰まっています。

そんな“魔法の言葉”の数々を目にすると、子どものためだけでなく、大人であるわたしたちも日頃から背筋がピンと伸びる思いになるはずです。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
HEWの画像
HEW

ものがたりカンパニーHEWです。
日々いろんな記事を書いています。
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 天皇陛下が朗読されたことも!年末年始のお供にしたい育児書