1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 突然の皮膚炎が、我が家で大流行。原因は、まさかの「アレ」だった。

突然の皮膚炎が、我が家で大流行。原因は、まさかの「アレ」だった。

突然の皮膚炎が、我が家で大流行。原因は、まさかの「アレ」だった。のタイトル画像

まさかの形でやってきた、家庭内パンデミック。

皮膚科に通い尽くした9月だった。


9月初め。

緊急事態宣言の真っ最中、休校休園中の我が家を襲ったのは、くだんの新型ウイルスでもなければ、インフルエンザでもない、まさかの皮膚炎だった。



あの日、体力があり余る子どもたちを連れて、私は近所の農道を散歩していた。

車の通りがほとんどなく、安心して子たちが歩ける農道は散歩道にとてもふさわしい。

ザリガニを捕まえたり、走ったり、草を摘んだり、とても穏やかな午前だった。

子どもたちの笑い声と、よく晴れた秋の空。張り詰めた緊張感を忘れられるつかの間の時間。私はとても満たされていた。

途中、長女が「あ!きつねのこばんだ!」と上を指した。

指すほうを見ると、子どもたちが秋によく拾う「狐の小判」と呼ばれる実が、木々の隙間からたわわにぶら下がっていた。

狐の小判は、秋が深まって地面に落ちる頃には、ほんとうに小判らしい黄色に色づくのだけど、木にぶら下がっているときは黄緑色なのらしい。

でも形を見るとそれは確かに狐の小判で、子どもたちは、「緑色のきつねのこばんは初めて見つけたね!!」と言って、嬉々としてそれらを収穫した。

それが悲劇の始まりだった。



さて、お昼ごはんの時間も近づいているし帰ろうか、と言う頃になると末っ子が、「おめめがいたいの」と言い出した。

「あらら。なにか入ったのかなー。早くおうちに帰って洗おうね。」と、声をかけて帰路を急ぐ。

顔を見ると、目の少し下、頬のあたりに、細くて黒い筋が2センチほど横切っていた。なんだろう、と思いながら帰宅した。


家に着くと、子たちが口々に「手についた黒いのが取れない」と言い出した。

見ると各々、手のひらに黒い斑点。

末っ子の頬に走る黒い筋と、同じ色だった。

洗ってごらんと促して、よくよく洗っても、黒いなにかは取れない。

そうこうしているうちに末っ子の頬の黒い筋が、ほんのり赤く腫れてきた。

まさかと思い調べると、やっぱりそうだった。

狐の小判の正式なお名前は「ハゼノキ」と言うらしく、漆の仲間だと書かれてあった。

そして、本格的にかぶれが出るのは、2~3日後とも書かれていた。

その時点ではまだ、へぇ……かぶれるのか、ひどくならなきゃいいけど、くらいの気持ちでいた。



当初調べたとおり、かぶれはその2日後にきちんとやってきて、末っ子の顔面は見事に腫れた。

目が顔に埋まって、人相が変わるほどの腫れよう。

慌てて皮膚科に駆けこんでお薬を頂いたのだけど、「治療に1か月くらいはかかる」と言われて、慄いた。

けれど、これは序章でしか過ぎない。

ここから、かぶれの快進撃が始まることを、この時の私はまだ知らない。

さて、狐の小判を触ってしまった日の夜、末っ子の頬に付着した黒い線を、なにか分からずこすり落とそうとした男がいた。そう、夫。

末っ子と時同じくして、肌の弱い夫は、まんまとその付着部だけでかぶれが発生し、それがどういうことか全身に広がるという事態。

そして、数日後、軽快していると思われた末っ子が、初日をしのぐほどの大かぶれを起こしてしまった上に、真ん中長男の顔も赤くかぶれが出てきた。

なにが起きているのか分からない。かぶれパンデミック。


因みに、2度目の腫れに関しては、原因が今もって分からず、お医者さんも首をひねるばかりだった。

一旦軽快した腫れが、ここまで派手にぶり返すことはあまり考えにくいらしく、また何か別の原因があったのではという話だった。

ただしその原因は結局なんだったのか、とうとう今も分からずじまい。


この記事を書いた人
ハネ サエ.の画像
ハネ サエ.

成分のほとんどは3児のおかあさん。
おかあさん以外のときは取材をしたりエッセイを書いたりしています。

...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 突然の皮膚炎が、我が家で大流行。原因は、まさかの「アレ」だった。