1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 突然の皮膚炎が、我が家で大流行。原因は、まさかの「アレ」だった。

突然の皮膚炎が、我が家で大流行。原因は、まさかの「アレ」だった。

突然の皮膚炎が、我が家で大流行。原因は、まさかの「アレ」だった。のタイトル画像

まさかの形でやってきた、家庭内パンデミック。

皮膚科に通い尽くした9月だった。



9月初め。

緊急事態宣言の真っ最中、休校休園中の我が家を襲ったのは、くだんの新型ウイルスでもなければ、インフルエンザでもない、まさかの皮膚炎だった。



あの日、体力があり余る子どもたちを連れて、私は近所の農道を散歩していた。

車の通りがほとんどなく、安心して子たちが歩ける農道は散歩道にとてもふさわしい。

ザリガニを捕まえたり、走ったり、草を摘んだり、とても穏やかな午前だった。

子どもたちの笑い声と、よく晴れた秋の空。張り詰めた緊張感を忘れられるつかの間の時間。私はとても満たされていた。

途中、長女が「あ!きつねのこばんだ!」と上を指した。

指すほうを見ると、子どもたちが秋によく拾う「狐の小判」と呼ばれる実が、木々の隙間からたわわにぶら下がっていた。

狐の小判は、秋が深まって地面に落ちる頃には、ほんとうに小判らしい黄色に色づくのだけど、木にぶら下がっているときは黄緑色なのらしい。

でも形を見るとそれは確かに狐の小判で、子どもたちは、「緑色のきつねのこばんは初めて見つけたね!!」と言って、嬉々としてそれらを収穫した。

それが悲劇の始まりだった。



さて、お昼ごはんの時間も近づいているし帰ろうか、と言う頃になると末っ子が、「おめめがいたいの」と言い出した。

「あらら。なにか入ったのかなー。早くおうちに帰って洗おうね。」と、声をかけて帰路を急ぐ。

顔を見ると、目の少し下、頬のあたりに、細くて黒い筋が2センチほど横切っていた。なんだろう、と思いながら帰宅した。


家に着くと、子たちが口々に「手についた黒いのが取れない」と言い出した。

見ると各々、手のひらに黒い斑点。

末っ子の頬に走る黒い筋と、同じ色だった。

洗ってごらんと促して、よくよく洗っても、黒いなにかは取れない。

そうこうしているうちに末っ子の頬の黒い筋が、ほんのり赤く腫れてきた。

まさかと思い調べると、やっぱりそうだった。

狐の小判の正式なお名前は「ハゼノキ」と言うらしく、漆の仲間だと書かれてあった。

そして、本格的にかぶれが出るのは、2~3日後とも書かれていた。

その時点ではまだ、へぇ……かぶれるのか、ひどくならなきゃいいけど、くらいの気持ちでいた。



当初調べたとおり、かぶれはその2日後にきちんとやってきて、末っ子の顔面は見事に腫れた。

目が顔に埋まって、人相が変わるほどの腫れよう。

慌てて皮膚科に駆けこんでお薬を頂いたのだけど、「治療に1か月くらいはかかる」と言われて、慄いた。

けれど、これは序章でしか過ぎない。

ここから、かぶれの快進撃が始まることを、この時の私はまだ知らない。

さて、狐の小判を触ってしまった日の夜、末っ子の頬に付着した黒い線を、なにか分からずこすり落とそうとした男がいた。そう、夫。

末っ子と時同じくして、肌の弱い夫は、まんまとその付着部だけでかぶれが発生し、それがどういうことか全身に広がるという事態。

そして、数日後、軽快していると思われた末っ子が、初日をしのぐほどの大かぶれを起こしてしまった上に、真ん中長男の顔も赤くかぶれが出てきた。

なにが起きているのか分からない。かぶれパンデミック。


因みに、2度目の腫れに関しては、原因が今もって分からず、お医者さんも首をひねるばかりだった。

一旦軽快した腫れが、ここまで派手にぶり返すことはあまり考えにくいらしく、また何か別の原因があったのではという話だった。

ただしその原因は結局なんだったのか、とうとう今も分からずじまい。



その日、朝は赤みがひどくなっている程度だったのが、夜には末っ子も長男も顔がぱんぱんに腫れていた。

せっかく治りかけてたいのに、なんてこと。

これはただ事ではないと思い、その日は日曜日だったので ♯8000 に電話をした。

けれど、日曜日ということ、加えて緊急事態宣言下ということもあって、なにをどうしてもつながらない。

回線がずっと混みあっているようだった。

このとき役に立ったのが、任意で入っている保険についているサービス。

電話で医療相談が受けられるというもの。

こちらをはっと思い出せた私に、拍手を送りたい。ファインプレー。

電話はすんなり繋がって事情を話すと、明日まで待たずに、すぐ休日診療にかかるように言われた。

顔が腫れるというのは、楽観視しないほうがいいということらしい。



お医者さんでは、なんらかの感染症やアレルギー反応の疑いも含めて、いろいろと丁寧に診ていただいた。

ひとまず今夜は、かゆみ止めの処方でいいでしょう、とのことで安心を得ることができた。

とは言え、ここからのかゆみ戦争はそこそこのもので、病院へ1~3日おきに通院しなくてはならないし、あまりの痒みに夜もぐっすり眠ることができない。

そして、痒みと寝不足に伴う倦怠感で、末っ子も長男も登校、登園ができない状態になっていた。

これは、なんというか、久々のあれだな、と思った。

インフルエンザやその他のウイルスで、先が見えないドミノたおしを見たあの日、卒倒している場合じゃないのに、卒倒しそうになったあの懐かしい感じ。

今回のかぶれパンデミックは、「あんな日々もあったなぁ。みんなずいぶん頑丈になったものだなぁ。」と思っていた、矢先の出来事だった。




行きつ戻りつを繰り返しながら、少しずつ症状はよくなって、狐の小判との接触から1ヶ月。

先日ようやく、皮膚科の通院が終わった。

少しあとが残りそうな箇所があるものの、ほぼ元通りのつるつるお肌を取り戻し、現代医療と若い細胞の力って素晴らしいね、と心から思った。

因みに四十路を過ぎた夫のかぶれは、きちんと全身に浅黒い跡になって残っている。

これが人生一桁との違いだな、とお風呂上りの夫を見るたび思っている。

そう言えば、痒みと腫れがピークのときに「これは強い薬だから」と、何度もお医者さんが念を押した軟膏と飲み薬があった。

調剤薬局でその薬の名前を読み上げられた時、その名前が確かに全方位的に強そうで、医療の知識が1ミリもないのにもかかわらず「これはいける」と思ってしまった。

名前だけで、こんなに期待を煽れるっていうことは、確実にネーミングがフィットしているあかしだよねぇ、センスというのはこういうことを言うのかもしれないねぇ、と寝不足で疲れた頭で思っていた。


見慣れない草木には注意することと、名前の立派な薬は強いというのが、令和3年9月の我が家の学びだった。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ハネ サエ.の画像
ハネ サエ.

成分のほとんどは3児のおかあさん。
おかあさん以外のときは取材をしたりエッセイを書いたりしています。

...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 突然の皮膚炎が、我が家で大流行。原因は、まさかの「アレ」だった。