1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. お友達とのおもちゃの取り合い、外出先での大泣き。ママの困ったを解決するための我が家の工夫

お友達とのおもちゃの取り合い、外出先での大泣き。ママの困ったを解決するための我が家の工夫

お友達とのおもちゃの取り合い、外出先での大泣き。ママの困ったを解決するための我が家の工夫のタイトル画像

子育てをしていると、困ってしまうことはたくさん出てきますよね。お友達とおもちゃの取り合いになってしまった、外出先で子どもが大泣きしてしまった、そんな時、どうしてますか?今回は我が家で工夫している事例をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

amiのアイコン ami

お友達のおもちゃを取ってしまった!その時のフォロー方法

「お友だちが遊んでいるおもちゃを自分の子どもが強引に取ってしまった!」子育てママなら、一度は経験したことのがあるのでは?



大抵は「ごめんね!」とママが謝ったり、我が子の手からおもちゃを取り上げお友達に返したりすることが多いかと思います。しかしお友達が泣いてしまったり、今度は自分の子どもが泣いてしまったりと、すんなり収まらない事が多いのではないでしょうか。



おすすめは、自分の子どもがおもちゃを取ったら、すぐに友達に他のおもちゃを「交換だよ~」と言って手渡すこと。するとどちらも泣かずに済むので丸く収まります!「あっちじゃなきゃ嫌!」と言われた場合にはもう一度交換するか、「じゃあ二人で一緒に遊ぼうね」と誘うとおもちゃの奪い合いにならずに済みますよ。

子どもが新聞を読みたいと言ってきた!一緒に新聞を楽しむ方法

新聞を読んでいると、子どもが突撃してきたり破いたり、邪魔してきてゆっくり読むことができないですよね。

「邪魔しないでね」「くちゃくちゃにしちゃだめだよ」と諭しても理解できない年齢のお子さんでしたら、このような手がオススメ。



新聞には写真がたくさん載っているので、開いてるページの中で、お子さんが興味があるものを探してもらいます。「ほら、車があるよ~、どーこだ」「新幹線どこかな~?」「美味しそうなブドウがあるよ~」など。子どもが探している間に、ササッと記事を読んでしまいます。



旅行の広告で新幹線や船はほぼ毎日どこかにありますし、車の広告も多いです。どうしても写真やイラストがなければ、ひっかけ問題を作ってみるのも面白いと思いますよ。

子どもが大泣き!ぐずぐずを止める方法

時間に余裕があるときならまだしも、急いでいる時や公共の場で、大泣きされたりぐずられたりすると困ってしまいますよね。そういう時に、「もう帰るよ!」「泣かないの!」と、怒ったり叱ったりしても、大抵はうんともすんとも言わない子が多いのでは?



ということで、ここでオススメの手段をご紹介。私は全く違う提案をして、子どもの気持ちを切り替えるサポートをしています。「エレベーターに乗りに行こうか!」「お茶飲む?おやつ食べる?」「滑り台に行く?」「お家に帰ってアンパンマン見ようよ」などなど。



とにかく思いつくものをたくさん言い続けると、子どもの気持ちにハマったときピタッと泣き止みます。初めはなかなか思いつかなくても、数をこなしていくと、だんだん子どもにハマる言葉のストックが増えてきますよ。

まとめ

子育てをしていると、「もう、どうしたらいいの?!」と困ってしまうこと、たくさんありますよね。でも出来れば子育ては楽しんでいきたいし、子どもに悲しい顔は見せたくない。そう考えるママも多いはず。



困った時にやってみてくださいね♪

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 子育ての悩み 子どもの喧嘩

この記事を書いた人

ami

趣味は読書。小さい頃は小説家になって海外移住することが夢だったが、小説が全く書けず挫折。それでも作文論文は得意だった。大学入試は英文科を目指していたものの、申し...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. お友達とのおもちゃの取り合い、外出先での大泣き。ママの困ったを解決するための我が家の工夫