1. >
  2. >
  3. >
  4. 兄弟げんかはどのように仲裁したらいいの?兄弟げんかの仲裁方法

兄弟げんかはどのように仲裁したらいいの?兄弟げんかの仲裁方法

兄弟げんかはどのように仲裁したらいいの?兄弟げんかの仲裁方法のタイトル画像

さっきまで仲良く遊んでいたのに、急に弟が泣きだした!!もう、兄のくせに、弟を泣かせてばかりなお兄ちゃんに嫌気が指してこっぴどく叱っちゃった。でも、こんな叱り方でいいのかな?という疑問にお応えします。

よくやってしまう仲裁方法〜ライオンと鹿効果〜

兄弟で遊んでいたのに、急に弟が泣き出しました。さて、この場合、皆さんだったら「誰に」「どのように」声をかけますか?



よく聞くのは、弟の方にかけより、「大丈夫?!もう、お兄ちゃんにまた何かされたのね?どこが痛かったの??」と、抱きしめ、兄を叱るということです。弟が泣いているのは、兄が何かをしたからだという「決めつけ」が起こっているわけですね。当然、弟が泣いているのだから、兄が何かをしたに違いないと思っても仕方がありません。



ライオンと傷ついた鹿がいたら、鹿に対して「かわいそう」と思いますよね。これと同じことが兄弟間では起こってしまうのです。

パパママはケンカの最中は中立であること

兄と弟の間で起こったことは、容易に想像ができるでしょう。



例えば、兄の使っていたおもちゃを弟が使おうとしたから、兄が力ずくで取ってしまったとか、弟のおもちゃを兄が使いたくて、貸してと言ったが、弟が貸さなかったから兄は弟を叩いたなど、様々なシチュエーションが考えられます。何にせよ、兄が弟に対して何かをしたのは言うまでもありません。



しかし、ここでパパママは中立であり、どちらの味方でもなく、敵でもないと自分に言い聞かせてください。兄弟同士の言い分を聴いて、伝える役割になりましょう。

お兄ちゃんを尊重した兄弟ケンカの仲裁方法

まずは弟が泣いているということなので、怪我等ひどい状態ではないかということを確認しましょう。この時には、何も言わず、表情も変えずに弟の状態を確認します。



そして、怪我もしていない、特にひきつけ等をおこしているわけでも無ければ、「何があったの?」と、お兄ちゃんの方に聞きます。ここは必ずお兄ちゃんの方に先に聞いてあげてください。尊重されていることが伝わります。もし言うことができなければ、「○○があったの?」と「はいかいいえかで答えられる質問」をして、具体的に聞いてみましょう。



それから、弟の方にお兄ちゃんが言っていることを伝えましょう。今まで出会ってきた兄弟のお子さんを見ると、弟はどちらかと言うと、兄への気持ちを充分に言葉にすることができません。そのため、言葉を先回りして考えてあげることも必要です。



もしお兄ちゃんが弟のおもちゃを取ってしまったのなら、「お兄ちゃん、貸して欲しかったみたい。◯◯は今使いたかったの?」などと、言ってあげましょう。



お兄ちゃんの気持ちと、弟の気持ちをすりあわせて、最後に、「じゃあ、こういう時には◯◯するといいよね」と、適切な対応の仕方を教えてあげましょう。「次からはこういう言葉がけをしようね」と、具体的に次はどうしたらいいのかということも言っておくと良いですね。

もし、喧嘩せずにいられた日にはこう言おう

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

西村 史子

こんにちは。子連れベビーシッターの西村史子です。

教員として様々な種類の学校で勤務をし、子どもの個性を決定するのは幼少期がとても重要だということを実感しま...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 兄弟げんかはどのように仲裁したらいいの?兄弟げんかの仲裁方法