1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 7-12歳児
  6. >
  7. 親の不安をよそに、子どもは適応力発揮!我が家のオンライン授業最前線は…

親の不安をよそに、子どもは適応力発揮!我が家のオンライン授業最前線は…

親の不安をよそに、子どもは適応力発揮!我が家のオンライン授業最前線は…のタイトル画像

我が家には小学校3年生の男女の双子がいます。双子たちの通う小学校では、新学期、分散登校とオンライン授業が始まりました。

分散登校の始まり


8月の終わり頃、本来であれば夏休みが終わり、新学期が始まる予定でした。

しかし、新型ウィルスの影響による緊急事態宣言が延長。

これに伴い、分散登校の実施が決まりました。

「分散登校」

1年半ほど前までは聞きなれなかったこの言葉ですが、すでに経験している双子たちにとっては慣れたもの。

「僕たちのチームはいつ行くの?」

と、すぐに理解しました。


双子たちの学校ではクラスを半分に分けて登校。

学校へ行くのは2日に1回です。

住所によって登校日が指定され、2人は同じ日に学校へ行くことになりました。

登校日の分け方は学校によって様々で、出席番号の前半と後半で分けたり、奇数と偶数で分けるなどの話も聞きます。

その場合、きょうだいで登校日が異なってしまう場合も。

正直、2人の登校日が同じじゃなければ私は大混乱だったなーと、姉弟が同じ日に学校へ行けることに感謝でした。


親の不安をよそに、子どもは適応力発揮!我が家のオンライン授業最前線は…の画像1
pixta_43247879_S

新学期の不安


そんな中、いざ学校がはじまると……

学校の準備をしながら

「国語の教科書って”上”だと思う?でも今日新しい教科書配られたから”下”を持っていけばいいのかな?」

と心配を口にする娘の姿がありました。

「先生はなんて言っていた?連絡帳に書いてないの?」

と聞いても、先生からの説明はなかったと言います。

先生方も突然の分散登校で忙しいでしょうし、3年生にもなると細かな説明はないのかもしれません。

「毎日の持ち物については学校からお知らせは来ないから、学校へ行った日に先生の話をよく聞くしかないね」

と伝えて様子を見ることにしました。


一方、同じく新しい教科書を配られた息子の様子をみると

「え?教科書、どっちがいるかわからないから……両方持っていく!」

と悩む様子もなく、両方の教科書をランドセルに入れている姿がありました。

たびたび感じるのですが、双子と言えど全く思考回路が違って、行動も違うのです。

息子のランドセルは他の教科も上下2冊入っているので、パンパンに膨れ上がっていました……。


親の不安をよそに、子どもは適応力発揮!我が家のオンライン授業最前線は…の画像2
pixta_5463893_S

1人1台タブレット


そんなある日のこと。

双子たちがタブレット端末を持ち帰ってきました。

これは、小学校で1人1台配布されているものです。

タブレットを触っている双子たちの様子を見ていると、色んな教科のアプリが入っていました。

先生との会話もできるというのです。


便利だな~と関心していると、学校の準備をしている娘が

「明日の音楽ってリコーダーいるかな?いや、今は感染防止でリコーダーはできないから、いらないかな?」

と言い出しました。

連絡帳には書いてないのか聞いても、書いていないし、話もなかったと言います。

「だからそれは先生に聞くしかないんだよ……」

と言いかけた時、息子が

「先生に聞けるんじゃない?」

と言いました。

「あ、そっか!」

と、娘は息子と子供部屋に消えていき、自分でタブレットを通して先生に質問をして、解決したようでした。

タブレットを使えるようになったことで、こんな変化が訪れるとは。

その日を境に、必要な持ち物はタブレットでもお知らせしてもらえることになったようで、学校の準備がとてもスムーズになりました。


この記事を書いた人
おぎの画像
おぎ

2012年生まれの小学3年生の男女双子の母
転勤族の妻
双子を連れて2度の引っ越し(広島・福岡)経験あり。
現在、都内ベンチャー企業にて短時間正社員として...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 7-12歳児
  6. >
  7. 親の不安をよそに、子どもは適応力発揮!我が家のオンライン授業最前線は…