1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 男の子のケンカとはちょっと違う?姉妹のケンカにおすすめの対応方法とは?

男の子のケンカとはちょっと違う?姉妹のケンカにおすすめの対応方法とは?

男の子のケンカとはちょっと違う?姉妹のケンカにおすすめの対応方法とは?のタイトル画像

姉妹のケンカを観ていて、ついつい「○○○!!!」と怒ってしまっていませんか?ついつい、大人の一言が油をそそぐこともありますよね。姉妹のケンカへの対応方法のアドバイスをご紹介します。

姉妹のケンカは、男の子のケンカとはちょっと違う?

今日は姉妹のケンカについて、少し紐解いてみたいと思います。姉妹のケンカ…、女のケンカですよね(笑)色々駆け引きがあったり、巧妙なトークバトル。時に体を使うこともありますが、体よりも「メンタル攻撃」が多いな…さすが「女」と感じます。



そして、お母さんも「女」なので、すごくそれを観ていると「ざわざわ」します。放っておきたいけど、おけないような言葉のトリガーポイントに出会うと、お母さんも黙っていられなくなり、参戦してしまう…ということがあるのではないでしょうか?

親は裁判官にならなくていい

「子どもの喧嘩は、親が裁判官にならなくていい」〜兄弟喧嘩や物の貸し借りのお悩み相談〜

先日、Conobieさん企画の育児のお悩み座談会に参加させていただき、お一人お一人にアドバイスをさせていただきました。その中でもお伝えしましたが、親がケンカの裁判に途中から入って、途中から判決を下さないこと。ここが大事だと思っています。これは女子、男子ともにですが、とくに女子はトーク力が半端ないのですね(笑)負けてしまいそうにもなるのもありますが、それ以上に、一人一人の意見に耳を傾けてあげることが大切です。



その怒りの矛先の向こう側にある「怒りの原点」を子ども達が話して、自分で気づくようなそんな質問をしたり、関わることが大事です。子ども達だって、ケンカしたくてしているわけではないです。ただ、思いが叶わい、伝わらないもどかしさを抱えながらぶつかり合っているのです。

ケンカをして伸びるコミュニケーション力と社会的協調性

また、ケンカをすることのメリットでいえば、コミュニケーション能力はあがってくると思います。どうしたら伝わるか?どうしたら伝わらないか?そこの部分に寄り添ってあげながら、ケンカをしていくときっとコミュニケーションの「伝える」力がついてきます。



ただすぐに、手を挙げて終わりというのは「伝える力」は養われないです。そして、人との協調性だってぶつかってみてわかること!ありますよね。本気でぶつかれる姉妹でいられること、お母さん頑張って姉妹を生んでくれてありがとう。と思う日が必ず訪れます。



もやもやして、なんだこりゃ?みたいなケンカの時は「相撲をとれ!!!」とお祭りみたいにしちゃう日もあってもいいかも♡



コミュニケーションがどんどんダイナミックになる幼稚園時期は特に、このケンカを通したコミュニケーションもありかも、と思います。ママはもやもや、ざわざわがとてもつらい様でしたら、自分が子どものころになにかそのもやもやに繋がることで、まだ心を痛めているかもしれません。すこしご自身の小さなころのことを思い出して、紐解いてみてあげてくださいね!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

やまがた てるえ

【著書】産後、つらくなったらよむ本(合同出版)ぽかぽか子宮のつくり方(河出書房新社)13歳までの女の子に伝えたい心と体のこと・15歳までの女の子に伝えたい自分の...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 男の子のケンカとはちょっと違う?姉妹のケンカにおすすめの対応方法とは?