1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 兄弟げんかに困ったら!兄弟げんかの効果的な対処法と意外なメリットとは?

兄弟げんかに困ったら!兄弟げんかの効果的な対処法と意外なメリットとは?

兄弟げんかに困ったら!兄弟げんかの効果的な対処法と意外なメリットとは?のタイトル画像

我が子たちには仲良く育ってほしいと誰しもが願うはず。しかし現実は、兄弟姉妹がいればけんかはつきもの。激しいけんか、聞いていてうんざりする口げんか、皆さんはどう対応していますか?今回は兄弟げんかの対処法、そして兄弟げんかの意外なメリットをお伝えします。

うんざり!毎日繰り返される兄弟げんか

我が家には、中2男、小6女、小5男、小2男、3歳男の5人の子がいますが、もう、本当に色々な組み合わせで毎日けんかをしています。さすがに長男・長女が末っ子とけんかをすることはありませんが、長男は末っ子以外の小学生とはよく言い合いしたり、時にはお互いに手が出たり。一番上の子が下の子たちを引っ張り上げてくれるという感じではなく、そして、上の子たちの様子を見ている末っ子はどんどんおませさんになって、子どもたちの平均年齢にみんなが揃ってしまうような感じなのです。



たまに「うちは兄弟仲は良くてけんかはしないのよ~」なんていう話を聞くと、心底うらやましいです。でもやっぱり、圧倒的に、「兄弟げんかにはうんざりする」という周りの声が多いですね。

兄弟だから、やりすぎる!

子どもの歳が上がってくると、段々手の出し合いよりも嫌味が多い口げんかが増え、聞いていても嫌な気分になります。もちろん、本当に憎しみ合っているのではなく、絡みすぎでふざけているうちに調子に乗って、けんかにエスカレートということがしばしば。



兄弟だからこそ、相手を気遣うことや、一瞬我慢することを忘れて、衝動的に手が出てしまったり何も考えずに思ったら即口に出して相手を怒らせたり。2階に上がるときに仲良く笑いながら行ったのに、ほどなくつかみ合ってけんかしながら下りてくるなんてこともあります。けんかなのか遊びなのか、もうよくわかりません。

兄弟げんかに困ったら!兄弟げんかの効果的な対処法と意外なメリットとは?の画像1

兄弟げんかの対処法!4つのポイント

けんかが起きるたびに制止するなんて、なかなか難しいですよね。そこで私は、日々繰り返される兄弟ゲンカを前に、自分なりの基準や方針を4つ決めました。

1.口出ししない!どっちが悪いという判決をくださない

正にけんか両成敗。確かにどちらかがきっかけを作ることはありますが、それに対する反応が過剰すぎたりきつすぎたり、どちらにも言い分があることがほとんど。



親が口出しをすることで中途半端にさえぎられると、余計ストレスがたまることもあるようなので、私は1~2mほどの距離のところにいても、基本的に我関せずの姿勢を貫くようにしています。

2.エスカレートする取っ組み合いには「○○攻撃」

エスカレートする取っ組み合いは成長と共に減ってくる気がしますがお互いが小学生男子だとやはり多いですね。「やめなさい!」と怒鳴ったり引き離そうとしたりしても、興奮状態にあると収まりません。



私がよく使うのは「コチョコチョ攻撃」。よりひどく興奮している方を、コチョコチョ攻めにします。そのうち笑い出して「もうやめて~」となり、たくさん笑って落ち着いたところで、けんかの経緯を聞きます。単純な方法ですが、結構効きますし、自分も怒鳴っていやな思いをしなくてすみます。

3.自分でどうにもできないことへの悪口には、疑問を投げかけよう!

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

千葉美奈子

ベビーマッサージ、親子リズム遊びなどのイベントを開催しながら、中2、小6、小5、小2、3歳の四男一女の子育てをしてきました。
転勤族で東北、関東、北海道の5つ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 兄弟げんかに困ったら!兄弟げんかの効果的な対処法と意外なメリットとは?