1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 小3男子のフードの使い方。ちょっぴり悲しくてたまらなく愛おしい

小3男子のフードの使い方。ちょっぴり悲しくてたまらなく愛おしい

小3男子のフードの使い方。ちょっぴり悲しくてたまらなく愛おしいのタイトル画像

涙じわり。


コノビーでは、SNSで話題をよんだ育児ネタをご紹介!!

今回は、かん也つさん(@kansetsu_pokiri)がTwitterに投稿したエピソード。

7.9万いいねを超える反響があった書き込みから。



Twitterの反応を見てみると…


・たまらない(泣)小3男子、可愛いに溢れてますよね。

・こんなん抱きしめちゃうよ…可愛い…。

・ハリネズミの防御を彷彿とさせる悲しみ方で可愛らしさを感じてしまいました。フードギュウのまま撫でて差し上げたい…。


小3男子とフード…果たしてどんなつぶやきだったのでしょう?



涙を見せまいと、フードをギュッと被って泣いたという小3の息子さん。

フードには涙の跡がにじんでいたそうです。

これに対してTwitterでは…


・悲しいってちゃんと言って泣ける環境、当たり前じゃなかったりする。のびのび生きられている証拠。今の息子君の環境大事にしてあげてください。

・可愛すぎて。でも可愛いって云っちゃダメだから、自分でフーディから出てくるまで待ちます…。

・愛おしい〜、悲しくてかわいそうなのに愛おしい〜!


など、可哀そうだけど愛おしい、と息子さんの気持ちに寄り添うコメントがたくさん寄せられました。


小3男子のフードの使い方。ちょっぴり悲しくてたまらなく愛おしいの画像1
pixta_64480653_S ※写真はイメージです


この息子さんが、なぜこんなにも悲しかったのか…。

実は、弟さんが見ていた動画サイトで、広告を最後まで見たかったのにスキップされてしまった、というのが理由だそうで。

大人にとっては、「そこ!?」と思うことでも、子どもにとってはすごく重要だったりするんですよね。

そんなことを思い出させてくれるツイートでした。


(編集:コノビー編集部 空閑香織)


小3男子のフードの使い方。ちょっぴり悲しくてたまらなく愛おしいの画像2

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 小3男子のフードの使い方。ちょっぴり悲しくてたまらなく愛おしい