1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 電車好きキッズにオススメ!電車がでてくる隠れた名作絵本5選

電車好きキッズにオススメ!電車がでてくる隠れた名作絵本5選

電車好きキッズにオススメ!電車がでてくる隠れた名作絵本5選のタイトル画像

電車が大好きな息子。これまで読んだ絵本の中で、何度も「読んで!」をせがまれた電車がでてくるおすすめの絵本を紹介します。有名な絵本はあえて省き、知る人ぞ知る隠れた名作を選びました。電車好きキッズと一緒に読んでみてくださいね!

親子で語ろう!せんろはつづく

子どもは線路をつなげる遊びが大好き。山にはトンネルをほり、川には鉄橋をかけて、やがて線路がつながり、駅ができます。リズミカルな文と可愛い絵で読み聞かせに最適の絵本。

レールをつなげて線路を作る子どもたちの絵本。

「やまがあった どうする?」「かわがあった どうする?」と問いかけながら、最後には駅まで作ってぐるっと一回りの線路を完成させます。



空の色が変わったり、動物が増えたり、絵の背景にも発見があり、親子で語り合いながら楽しく読める絵本です。

「せんろはつづく」「せんろはつづく まだつづく」「せんろはつづく どこまでつづく」の3冊シリーズになっています。

リズムが楽しい!でんしゃはうたう

電車に乗って、耳を傾けていると、わずかひと駅間でも、電車はさまざまなリズムの音を刻んでいます。独特の感性で表現した擬音、緻密な絵とともに、電車と線路が奏でるユーモラスな音楽をお届けします。

駅を出発して、次の駅に到着するまで、ひたすら「たたっ つつっつつ たたっ つつっつつ どどん」と電車の音と共にページをめくります。ただそれだけなのに、鉄橋を渡ったり、線路を通り過ぎたり。電車好きにはたまらないストーリーがあるようですね。



読む方の親はなかなか大変ですが、満足気な子どもの様子に、読み終えると達成感さえ生まれてきますよ。

自己投影ができる!でんしゃにのったよ

電車好きの男の子が、お母さんと東京のいとこの家に行くことになりました。ローカル線から新幹線に乗り継いで、電車の旅を楽しみます。途中、車窓からいろんな自動車が通っているのが見えたり、鉄橋を渡ったり、新幹線の乗り換え前には、お弁当を買ったりと、ひとつひとつのことが乗り物好きにとっては、うれしいできごと。絵本を見ているだけで、のんびり電車の旅を楽しんでいるような気分になります。

版画家・岡本雄司さんの絵はそれだけで芸術作品になるような完成度。田舎の景色はほのぼのとして、ホームに停まった新幹線は大迫力です。乗り換えで焦ったり、車窓をぼーっと眺めたり、小さな男の子の行動は、電車好きな息子とそっくりで、きっと子どもは自分を投影して読めると思います。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

遊び・教育 子どもの遊び 室内遊び 絵本

この記事を書いた人

いえしごと

5歳の息子のママです。
育児になにより大切なのはママの笑顔!
そのために時短家事や効率のいい育児を研究し、試行錯誤しています。
子育てに役立つ情報を、私の...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 電車好きキッズにオススメ!電車がでてくる隠れた名作絵本5選