1. 総合トップ
  2. >
  3. 産後
  4. >
  5. 迷ったらこれ!もらって嬉しかった出産祝い

迷ったらこれ!もらって嬉しかった出産祝い(2ページ目)

迷ったらこれ!もらって嬉しかった出産祝いのタイトル画像

お友だちに出産祝いのプレゼントを贈りたいけれど、何にしたらよいか迷ってしまうということはありませんか?そんな方のため、今回は私自身が、産後に友人たちからもらって嬉しかった出産祝いをご紹介します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10250001539

末っ子が生後3ヵ月の頃、転勤で函館に引っ越す直前にいただきました。



産後半年もたたないうちの引っ越しで、生活が落ち着くまでは本当にバタバタでしたが、生活環境が大きく変わった子どもたちのためにも、料理は息抜きになるし頑張りたいなと思っていました。しかし、出汁を取るまでの気力はなかったのが実際。



そんな中で活躍してくれたかつおだしです。我が家はご飯等で、子どもたちは野菜をたくさん入れたお味噌汁が大好きです。水分不足になりがちな産後の自分の身体のためにも、野菜たっぷりのお味噌汁や煮物は定番でした。



素材にこだわり、化学調味料などが添加されていない和風だしには、とてもお世話になりました。

さて、ここまでは嬉しかった品物のご紹介でした。

ここからは品物以外で嬉しかったプレゼントをご紹介します!

色々な方々が赤ちゃんを抱っこしてくれた!

産後3ヵ月での引っ越し前に、友だちや地域でお世話になった方々など、色々な方々に会いました。皆さんが、「抱っこさせて」と、末っ子をたくさん抱っこしてくれました。結構長く抱っこしてくれて、「ああ、産後に誰かがしばらく赤ちゃんを抱っこしてくれるって、心と身体がホッとするなあ」と感じました。



末っ子は私が42になる直前の出産で、お産は順調だったものの、身体の痛みが和らいで普通に動けるようになるまでには上の子たちの時と比べて一番期間を要し、3週間ぐらいかかりました。その後、新生児期を過ぎて少しずつ外に出る中で、たくさんの方に赤ちゃんに声をかけてもらい、抱っこしてもらったことは、大きな大きな癒しとなりました。

迷ったらこれ!もらって嬉しかった出産祝いの画像1

最後に、これはとりわけ嬉しかったなあと今でもしみじみ思い出す友人たちの気持ち。

上の子ども達へのお心遣い

5年間「末っ子」を享受してきてお兄ちゃんになったばかりの三男や、遠く離れた土地への引っ越し、転校という大きな環境変化を控えた小学生たちに、友だち、仕事つながりの方々など、お会いする方たちがたくさん、話し相手になってくれたり新生活へのエールを送ってくれたりしました。



赤ちゃんのお世話と引っ越し準備で飽和状態だった私には、上の子たちへの自然なフォローが涙が出るほど嬉しかったです。上の子たちは今でも当時交流した方々のことを覚えています。

赤ちゃん、産後の母、環境変化の渦中にいる上の子たちへの温かい気持ち、ずっと心に残っています。その思いを、その方々に直接お返しできなくても、今後色々な形で引き継いでいきたいなあと思い続けています。

まとめ

この記事を書いた人
千葉美奈子の画像
千葉美奈子

ベビーマッサージ、親子リズム遊びなどのイベントを開催しながら、中2、小6、小5、小2、3歳の四男一女の子育てをしてきました。
転勤族で東北、関東、北海道の5つ...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 産後
  4. >
  5. 迷ったらこれ!もらって嬉しかった出産祝い