1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 子どもにも安心なナチュラルクリーニングの基本!洗剤は場所ではなく、汚れで選ぶ!

子どもにも安心なナチュラルクリーニングの基本!洗剤は場所ではなく、汚れで選ぶ!(2ページ目)

子どもにも安心なナチュラルクリーニングの基本!洗剤は場所ではなく、汚れで選ぶ!のタイトル画像

洗剤には、キッチン用、お風呂用、トイレ用など様々な種類の洗剤がありますよね。種類が多すぎて使い切れずに、収納場所に困っている方も多いと思います。実は、洗剤は使う場所ではなく汚れの種類で選ぶと、少ない種類で済むのです。子どもにも安心な重曹やクエン酸などを使ったナチュラルクリーニングの基本をお伝えします。

出典:http://www.live-science.com/honkan/partner/sesquicarbonate.html

実はお風呂場には、皮脂汚れと水アカ汚れの両方があります。つまり、アルカリ性の洗剤と酸性の洗剤の両方が必要なのです。例えば、バスタブは皮脂汚れが含まれているのでアルカリ性の洗剤(例えばセスキ炭酸ソーダなど)を使って洗います。また、蛇口についている水アカは酸性の洗剤(クエン酸など)を使って洗うと綺麗に落とせます。

どちらの汚れか分からない場合は、まずセスキ炭酸ソーダや炭酸ソーダで洗ってから、残った汚れをクエン酸で洗うと良いでしょう。

浴槽の外側などは、両方の汚れが付着している場合があるので、二度に分けて洗うことをオススメします。

まとめ

いかがでしたが?

お風呂用、キッチン用、トイレ用と洗剤を揃えるよりも、アルカリ性の洗剤、酸性の洗剤をいくつか揃えて、汚れごとに使い分けると洗剤の種類が少なくて済みます。



また、クエン酸や重曹はお料理で使うこともあるので、小さなお子さんがいるご家庭でも安心して使えますよ。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
まりの画像
まり

2人の男の子の子育てに奮闘中です。
ライフオーガナイザーとアンガーマネジメントファシリテーターの資格を取得しました。
家事・育児・仕事に忙しい毎日ですが、日...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 子どもにも安心なナチュラルクリーニングの基本!洗剤は場所ではなく、汚れで選ぶ!