子どもの「ママイヤ!」が悲しい。どうしたら拒絶されなくなる?のタイトル画像
公開 2021年07月14日  

子どもの「ママイヤ!」が悲しい。どうしたら拒絶されなくなる?

19,812 View

子どもから「ママイヤ!」と言われてしまうお悩みと、寄せられた助言をまとめました。


「ママイヤ」が悲しい


子どもから「ママイヤ!」「ママあっち行って!」と言われてしまう…経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Q&Aコミュニティサービス 「教えて! goo」にも、子どもから「ママイヤ」と言われた方たちから、多くの悩みが寄せられています。

読んでいて「そういうことあるよね…」と感じたのがこちらの内容。


●2歳7ヶ月、8ヶ月の男の子の育児中。

●上の子が「パパとする」と言うことが増えてきた。オムツ替え、着替え、食事、お風呂など。

●(パパと)2人で遊んでる近くに来ただけで、ママはあっちに行ってていいよと言う。それでも近くにいるとママはあっち!と怒る。
外出先でもわたしと手を繋ごうとしない。

●起きてパパがいるととても嬉しそうで、わたしを見るとそっぽを向き、おはようと言っても無視される。

●パパの育児にはムラがあり、息子が一生懸命話しかけてるのに、パパに気づいてもらえないことがあり、わたしがフォローしたり、キツく主人に注意したりする。

●主人はダメなことはダメと言うし、注意もする。息子は言われると、下を向いて黙ってたり、わたしに、泣いてギューしてと言う。

●それでもパパパパ。わたしを拒絶してる、今の現状がとてもつらい。


こちらのママは、今の状態を「パパに行ってくれて楽」とは思えず、苦しい思いをしているようです。

さて、こちらの相談には、どんな回答が集まったでしょう?


子どもの「ママイヤ!」が悲しい。どうしたら拒絶されなくなる?の画像1
pixta_57831491_S

それは「ママ大好き」の裏返し


「ママ嫌、と言っても絶対に愛してくれるという自信があるからです。それ位ママは特別な存在なんですよ。パパに叱られればギューしてと来るのですから、ママが好きなんです。ちゃんとママを求めているじゃないですか。パパが気づかないときはきつく注意するのではなく、息子さんを抱えて「パパ~。」とパパの所に運んじゃえばいいんです。」

「男の子は2歳、3歳にもなればもう男の子としての自覚が芽生えていますよ。ママに甘えるのが恥ずかしかったり(特にママ以外の誰かがいる時。パパだとしても)かっこつけたかったり…ですので、男の子としてのプライドを立ててあげるといいと思います。」


このように、息子さんの「ママイヤ」は「ママ大好き」の裏返しなのでは、という意見が寄せられました。


保育士さんからの助言も


さらに保育士をしていたという方からはこんなアドバイスも。


●子どもの年齢からすると、反抗期。これは子どもが親や大人を試している言動。

●子どもはどんな自分でもママはずーっと愛してくれていると分かっている。パパに注意された時はママにぎゅーして、という行動に現れている。

●今は少し悲しい気持ちになる事もあると思うが、あたたかく、優しく見守ってあげて。

●「あ〜いつもはパパとの時間が少ないから、パパ独占したいのね〜」「その間にママはお家の事しとこ〜」「仲良く遊んでねぇ〜」
ぐらいの気持ちで構えていると気が楽。

●「ママイヤ」の言い方が悪い場合は、「そんな言い方したらママは悲しくなるよ」など伝え方、言い方を教えてあげる。「ママが○○に嫌!あっち行って!って言ったら○○はどんな気持ちになる?」と、問いかけてみたりしながら話すと良い。

●自分が言われたら、どんな気持ちになるのか?を、生活の中、親子、兄弟関係の中から育んでいけるとコミュニケーション能力が高くなるのでは。


具体的で参考になりますね。


子どもの「ママイヤ!」が悲しい。どうしたら拒絶されなくなる?の画像2
pixta_76100246_S


一時的なものだとわかっていても、子どもから「ママイヤ」と言われたら、誰だって悲しい気持ちになりますよね。

そんな時は、「パパに預けて楽しちゃおう」と、うまく気持ちを切り替えられると良いですね。

色んな人の意見やアドバイスに触れるのも、「つらい気持ちなのは自分だけではない」と思えるのでおすすめですよ!


(編集:コノビー編集部 空閑)
(イラスト:きの)


※ この記事は2024年03月10日に再公開された記事です。

Share!