1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. ママの仕事
  6. >
  7. 専業主婦はキャリアの"空白"なの? 6年ぶりの就職で感じたこと

専業主婦はキャリアの"空白"なの? 6年ぶりの就職で感じたこと

専業主婦はキャリアの"空白"なの? 6年ぶりの就職で感じたことのタイトル画像

現在、小2と年長のお子さんを育てながら、ベンチャー企業ではたらく和田さん(41) 。6年間の専業主婦生活を経て、上の子が年長の時に仕事復帰しました。今は、この生活が楽しい!と笑顔で話してくれた和田さん。また働こうと思ったきっかけや、仕事との出会い方について、お話を伺いました。
(※取材日2021年5月13日)


現在、小2と年長の兄妹の子育て中の和田さん。6年間の専業主婦生活に終止符を打ち、約1年半前に仕事復帰しました。

現在は、ベンチャー企業の事務として週4日 働いています。入社したのは会社が創業したばかりのタイミング。フルタイムで人を雇うほどではないという会社のニーズと、和田さんの週何日か限定的に働きたいという条件がうまくマッチしたといいます。

和田さんが、大学を卒業したのは、ちょうど就職氷河期。非正規雇用の派遣社員として社会人をスタートしました。仕事にそこまで思い入れは持てず、産後は派遣元を退職。鍵っ子だった経験から、「家にいるお母さん」をやってみたくて専業主婦になりました。

出産直後は会社とのつながりも、住んでいる地域でのつながりもなく孤独を感じたという和田さん。産後の体調不良をのりこえ、地域で知り合いを増やすことで前向きに乗り越えてきました。

今は、ボランティアやPTAにと忙しくも充実した日々を送っています。

そんな、和田さんに、また働こうとおもったきっかけや、どんなふうに仕事をみつけたのか?専業主婦という期間について思うことなどのお話を伺いました。


家にいるお母さんをやってみたかった


――お子さんが生まれる前には、どんなお仕事をされていましたか?

社会に出たタイミングは、ちょうど就職氷河期でした。卒業後は、資格取得のために一旦、専門学校通いと非正規雇用の派遣社員を並行していましたが、資格取得が思った以上に難しく断念。派遣社員として仕事を続けていくことになりました。

職場は人間関係にも恵まれて、ストレスなく働けていました。でも、数年経った後、リーマンショックで派遣切りに。その後は、必死で見つけた職場が、3日で退職する人が続出するブラック企業だったこともありました。その後、再び、非正規ではありましたが安心して働ける職場にめぐまれました。その職場にいる時に、学生時代から付き合っていた夫と結婚し、第一子を出産することになったんです。


専業主婦はキャリアの"空白"なの? 6年ぶりの就職で感じたことの画像1
pixta_34393896_M


――専業主婦になろうと思ったのはどうしてですか?

はたらいていた会社は、出産後に復帰する選択もありました。

でも、ずっと非正規だったこともあり、そこまで思い入れのある仕事ではなかったんです。それに「家にいるお母さん」をやってみたいという気持ちもありました。

実母が公務員で定年まで働いていたので、ずっと鍵っ子でした。実家は田舎なので、周りは殆どが3世帯同居。友達の家に遊びに行くと、必ず大人がうちにいました。母は、夕方5時頃にはきっちり帰ってきてくれていましたが、他のうちが少し羨ましかったんです。

でも仕事をしている母のことは、かっこいいなと思っていました。好きな服を自分で買えたり、『お母さんでも仕事をしていると色んな自由が効くんだな』と、幼いながらに感じていました。

私自身は仕事への思い入れがないまま年数が経ってしまい、『それならいっそ専業主婦をやってみよう』と退職を決意しました。


出産後に感じた大きな孤独。ママ友の存在に救われる


――実際に専業主婦をしてみて、いかがでしたか?

学生時代ぶりに新しく友達が出来たのはうれしかったですね。年齢も様々な、色んなママと知り合えました。

実は、ママ友づくりを頑張ったのは、産後の孤独感と体調不良がきっかけでした。
子どもを生んですぐは、近所に知り合いがいませんでした。仕事も辞めているし、会社の同期などのつながりもありません。実家もどちらも遠方で、夫も日中は仕事です。本当に話す人がいませんでした。どこにも所属していない孤独感がありましたね。そのため、気持ちが落ち込んで、体調も優れない日が続きました。

一ヶ月検診できてくれた保健師さんに相談しても、子育て広場にいってみてとアドバイスされただけ。赤ちゃんの様子も落ち着いてきた頃、ようやく保健師さんにも勧められた子育て広場に行ってみようかな……と、思えるようになりました。


――産後は体力がないから、自分から行動すること自体が大変ですよね。

そうなんですよね。それに、わりと独立心旺盛に育ってしまったせいか、実母にも泣きつけませんでした。実母とは普段の連絡も「○○を送ったよ」などの事務連絡程度なんです。

でも、当時、かなりつらかったので何度も電話したら、母も初めてのことで慣れていなかったのか「一体どうしたの?」と怪しまれてしまいました。私はただ家に来てほしかったり、長電話をしたかっただけなのですが。素直に甘えられずに、すれ違ってしまいました。

実母にも頼れないし、子育て広場でママ友をつくるしかない!と、当時は、重い身体をおして頑張っていましたね。


この記事を書いた人
現代育児リアルボイス『あの日の選択』の画像
現代育児リアルボイス『あの日の選択』

決して特別ではない等身大の日々を生きる方々に、子育てする中で人生の分岐点となった出来事を語っていただくコノビーの「インタビュー企画」です。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. ママの仕事
  6. >
  7. 専業主婦はキャリアの"空白"なの? 6年ぶりの就職で感じたこと