1. >
  2. >
  3. >
  4. 【休日のパパのための育児入門】1歳児の定番遊びをご紹介!

【休日のパパのための育児入門】1歳児の定番遊びをご紹介!

【休日のパパのための育児入門】1歳児の定番遊びをご紹介!のタイトル画像

1歳の頃は、自分の足で歩き回ることができ、いろいろなものに興味を抱く時期です。そんな好奇心ややりたい気持ちを育む、1歳からできる定番のあそびについてご紹介します。

出典:http://free-photos.gatag.net/2013/09/16/200000.html

1歳の子には、どんな遊びがいいのでしょう

1歳の頃は、自分の両足で歩き回ることができるようになり、体も思うように動かすことができるようになるので、行動範囲がぐんと広がる時期。
周囲への好奇心も高まり、興味を持ったものをじっと見ていたり触ったりして、感覚的な関心を深めていく時期でもあります。好き嫌いもはっきりしてきます。

また、大人の真似が好きになるのもこの時期で、積極的な参加はできないまでも、簡単な「ごっこあそび」などにも関心を持ち始めます。

まだまだ自分から「これで遊びたい!」と言えない時期。どんな遊びをしたら良いのかわからなくなってしまうこともあると思います。特にパパは、普段接する時間が短い分、どのように関わったらいいか分からないという話もよく聞きます。

そんなパパのために、いくつかきっかけになるような遊びをご紹介します。

万能素材!新聞紙・包装紙あそび

室内のあそびでは、新聞紙や包装紙を折り紙にしてかぶとや飛行機を作り、かぶったり飛ばしたりしてあそばせます。その後、新聞紙をクシャクシャにしたり破ったりと、五感を刺激するようなあそびもできます。

また、大きな包装紙の裏側一面にクレヨンで自由になぐり描きをしてみましょう。この時期は手先も器用になり筆圧も強くなってきて、絵を描くことも楽しめます。まだ物を口に入れることもあるので、握りやすく安全なクレヨンを与えてください。

おもちゃはいらない!親子でふれ合いあそび

パパが馬のように四つん這いになって、子どもを背中に乗せるあそびもこの頃の子どもはとても喜びます。くすぐりっこも大好きです。
また、子どもを両脇からしっかり支え抱き上げて移動して歩く飛行機ごっこも、子どもの大好きなあそびです。パパにとっては、いい運動になりますよ(笑)。

いろんな展開を楽しむ!積木あそび

ものを使わないふれあい遊びがハードル高いという方には、積み木を介した遊びがおすすめです。

1歳は積み木やおもちゃで遊べるようになる時期です。指先の細かな動きもできるようになり、積み上げるという作業もできるようになります。子どもが気に入ったパターンが見つかると、それを繰り返してやりたがることがありますが、その時こそチャンス。一緒にそのパターンを繰り返してみたり、わざとそのパターンを崩してみたり。

ものを介すことで関わりのきっかけを作りやすくなります。

たまにはお外で!お散歩してみる

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

fumimama

趣味は、太陽の下のスポーツ観戦。元気に走りまわる子どもたちを見るのが大好き。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 【休日のパパのための育児入門】1歳児の定番遊びをご紹介!