1. 総合トップ
  2. >
  3. とげとげ。さん新連載!絡まった心がほどける「プレゼント」の秘密とは?

とげとげ。さん新連載!絡まった心がほどける「プレゼント」の秘密とは?

とげとげ。さん新連載!絡まった心がほどける「プレゼント」の秘密とは?のタイトル画像

人気連載『「小1の壁」のむこうに』の作者、とげとげ。さんの新連載『まごころが見つかる雑貨店』がネスレ日本のWebサイト「ネスレアミューズ」で6月22日から配信スタート。お話の魅力や新連載への意気込みをインタビューしました。

PR ネスレ日本

SNSでも大きな話題となった人気連載『「小1の壁」のむこうに』(以下『小1の壁』)。
その作者、とげとげ。さんは、現在、読むだけで心がホッとあたたまる新連載『まごころが見つかる雑貨店』を執筆中です。

子育てや仕事に忙しい毎日を過ごす中で、うっかり見過すごしてしまいがちな大切なこと。
新連載は「プレゼント」をテーマに、そんな大切なものに光をあてます。ささくれた心を優しく、そっと癒やしてくれるような物語です。

『まごころの見える雑貨店』は、どのような物語になっていくのか。
とげとげ。さんの「プレゼント」にまつわるエピソードは?新連載『まごころが見つかる雑貨店』について、お話を伺いしました。

とげとげ。さん新連載!絡まった心がほどける「プレゼント」の秘密とは?の画像1

言葉一つで割り切れることも。漫画が前に進むきっかけになれば

――『小1の壁』の連載、約1年間おつかれさまでした。反響も大きかったのでは?

「自分の中でモヤモヤしていた事がはっきりした」という声を多くいただきました。
「こういう事が起きたから嫌だったんだ。つらかったんだ」とはっきりさせるだけで、一歩前に進めることもあると思います。

『小1の壁』を描きはじめたときは、ちょうど下の子が2年生になった時。
小1を1年間一通り終えて、まだ生々しさも残っていました。だからこそリアリティがあるものが作れたのかなと思います。

登場人物は、働く母親の杏奈だったり専業主婦の典子だったりしますが、同じ立場だからこそ共感できることもある。
でも、ワーママの方から「典子の夏休みの閉塞感がわかる!」という声もあったり、違う立場でも4人の主人公それぞれに共感したという感想があり嬉しかったですね。

パパの読者さんからも「コレまでの育児漫画では、パパは非難されることも多かったけど、今回はかっこよく描いてくれてありがとう」というコメントもいただいたり。いろんな視点から描けたのは、私としてもやりがいを感じました。

とげとげ。さん新連載!絡まった心がほどける「プレゼント」の秘密とは?の画像2

雑貨店で見つけたプレゼントで、絡まった心がほどけていく

――新しく取り組んでいる連載『まごころが見つかる雑貨店』について教えてください。どのようなストーリーなのでしょうか。

雑貨店で見つけた「プレゼント」を通して、贈り手と貰い手の仲が深まったり、すれ違いや思い込みで絡まってしまった気持ちがゆっくりほどけてとけていくような、そんな物語です。

忙しくて話し合う時間がなかなか作れない夫婦、つい反発しあう親子。近すぎるからこそ、こじれてしまうことって沢山あると思います。
近しい仲だからこそ、わかってくれるだろうと過信したり、改めて伝えにくいこともありますよね。
そんなすれ違った心が、雑貨店での「プレゼント」をきっかけに通い合う過程を描いた物語です。

サイドストーリーとして雑貨店の店主の物語も進みます。
過去に寂しい思い出がある店主の気持ちも、また少しずつ優しくとけていきます。

心がほんわかあたたかくなる空気感を大切に描いています。

――6月22日に「ネスレアミューズ」で公開の第1話のストーリーも教えていただけますか。

1話は、子育てや仕事で忙しい毎日を送る夫婦の物語です。
忙しいがゆえに、ゆっくり話す時間がなくてすれ違ってしまう。
そんな夫婦が、結婚記念日のプレゼントをきっかけにどう変わっていくか、という物語です。

とげとげ。さん新連載!絡まった心がほどける「プレゼント」の秘密とは?の画像3

―― コーヒーカップとともに話し合いの時間もプレゼントしたということなのですね。そういえば、夫がコーヒー飲もうよと誘うのに、「洗い物増えるからいいよ~」と妻が断ろうとするシーンは、とてもリアリティがありました。

登場人物の家庭での様子はリアリティを大事に描いています。
逆に雑貨店は、時の流れから取り残されたようなファンタジーな雰囲気が表現できるよう、アンティーク雑貨などがずらりと並ぶ様子を描きました。
その対比として、夫婦が交わす会話や家の様子は現代のリアリティ感を出して、コントラスト効果が出るようにしました。

漫画はほっこりするストーリーなので、セリフに深みが出るようにこだわっています。
登場人物はすべてをしゃべりすぎないように、余白や余韻も大事にしました。
読んでくださる方にも、共感したり、想像したりと楽しんでいただけたら嬉しいです。

―― 今回は「ネスレアミューズ」での連載になりますが、ネスレの商品でお気に入りのものはありますか。

「キットカット」は家族みんなが大好きですね。
それに、「マギー ブイヨン」で作る野菜たっぷりのスープは我が家の朝の定番メニュー。
身体もあたたまるし、子どもたちがあの味を気に入ってるんですよね。
そんなに特別なものではない、でも日常にあるとホッとしたり小さな喜びをくれる。
そういうところが、『まごころが見つかる雑貨店』のストーリーにも通ずるところがあるなと思います。

今回「ネスレアミューズ」で描く連載は、ネスレさんとのタイアップではありますが、ストーリーの中で商品紹介はほとんどありません。
心が通い合う瞬間に、ネスレさんの商品がそっとよりそうように登場する、という設定なのですが、それがとても気に入っています。
漫画連載の企画の打診をいただいた時、“ネスレさんの『Good Food,Good Life』の企業理念を自然に見せていくというコンセプト”だと聞いて、素敵な企画だな、ぜひ描かせてほしい、とお受けしました。

とげとげ。さん新連載!絡まった心がほどける「プレゼント」の秘密とは?の画像4

“優しい時間”を受け取る

―― とげとげ。さんが渡したり受け取ったりした「プレゼント」で印象に残っているものはありますか?

子どもたちが、道端で摘んだ花をくれたことがあって、それは嬉しかったですね。
「私が喜ぶと思って、とってきてくれたんだろうな」と想像したりして。
でも、たいてい玄関にそのまま花が投げてあったりするので、私の手元まで届かないことも多いんですけど。笑

うちは、あまり夫婦でプレゼントをし合うことはないんです。
でも、出産後の里帰りから帰ってきた後だったかな。夫から手紙をもらったことがあります。
一筆書きのような紙にかかれていた手紙で感謝を綴ったものでした。

夫から手紙をもらったことは、それまで一度もなくて、もらったのはその1回きり。
だからこそ嬉しかったですね。

―― とげとげ。さん自身の「プレゼント」体験から、『まごころが見つかる雑貨店』に込めた想いはありますか?

「プレゼント」が嬉しいのは、もらったものそのものより、何にしようか一生懸命考えてくれた時間があるから。
「私のこと考えてくれてたのかな?」と想像すると、幸せな気持ちになりますよね。

登場人物が、プレゼントを選びながら贈りたい相手のことを一生懸命考えている時間は、とても優しい時間です。
それを受け取った人は、考えてくれた時間まで受け取っている。

そういう優しい時間を、『まごころが見つかる雑貨店』の中で表現していきたいです。

―― 今回は、貴重なお話ありがとうございました。第2話以降も楽しみにしています!

ネスレアミューズの新連載コンテンツ「まごころが見つかる雑貨店」

住宅地にひっそりと佇む雑貨店。
大切な人へのプレゼントを探しに来たお客さまは、ミステリアスな雰囲気を持つ店主とのやりとりで、「本当に贈りたいもの」が何なのかを見つけていきます。
夫婦、友達、親子。お客さまや店主自身の、プレゼントを通して相手に伝えたい気持ち、通い合う気持ちを丁寧に描く、心温まるストーリーです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

  1. 総合トップ
  2. >
  3. とげとげ。さん新連載!絡まった心がほどける「プレゼント」の秘密とは?