1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 朝が怒涛すぎる。心穏やかに見送りたいけど、現実は…!?

朝が怒涛すぎる。心穏やかに見送りたいけど、現実は…!?

朝が怒涛すぎる。心穏やかに見送りたいけど、現実は…!?のタイトル画像

朝が弱くて、どうしようもないです。

健やかで爽やかでご機嫌な朝を、生きているうちに手に入れたい。


長男が小学生になってから、朝の戦争ぶりに拍車がかかっている。

もう、お手上げと言っていい。


数か月前、彼がまだ幼稚園児だったころ、長女ひとりの送り出しは、そこまで負担に感じなかった。

親子そろって、朝がうんと弱いので、その点で言えば明らかに大変ではあったんだけれど、長女ひとりの朝食を用意して、長女ひとりを送り出すのは慌ただしくも今思えばだけど、それなりに穏やかな時間だった。

小学校まで歩いて40分ほど。なので彼らは7時半を待たずに出発する。

長女ひとりが小学生だったあの頃、そろそろ長女が家を出ますよという段になって、長男と末っ子が起きてくるという流れだった。


ところが、長男が小学生になって、6時40分に、長女と長男ふたりが揃って起床する。

声の大きな長男が起きるということ、それすなわち、末っ子も起きざるを得ないという事実。

つまり朝、6時40分から三つ巴なわけ。

お母さんは、暖機運転もままならないまま、エンジンを全力でふかさないといけない。

低血圧なのでとてもつらい。

長男が小学生になって2か月。

すっかり早起きに慣れた末っ子は毎日元気に私を起こす。

ここのところ、夜明けが早いので、とってもすっきり目が覚めるらしい。

「マーマー!!起きて!!!!」と起こされて、瞼がピリピリするのを受け止めながら半目を開けると「もっとちゃんと開けて!!」と、怒られる。理不尽。

片目ずつ、エネルギーをぶるぶる戦慄かせながら、どうにか開眼するのだけど、眠い、とても眠い。

今から早速の三つ巴が待っていると思うと、なおさらに眠い。お布団が愛しい。




どうにか目を開けて、三人引き連れて一階に降りたら、ごはんの支度をしながら、それぞれに声をかける。

「お着替えしてよー。今日は体育あるのー?検温カードまだの人は出してねー。」

いちいち言わなくても、いいのかもしれないけれど、せっかちな上に、長年の育児生活でマルチタスクが板につきすぎてしまった。

両手がふさがっていても、お口は空いてる!とつい何かしらを口走って、先へ先へとコマを進めようとしてしまう。


因みに、余談を挟むと、このご時世仕方のないこととは分かっているけれど、検温カード、検温カードが多い。

我が家の場合、まさかの6枚ある。

小学校×2枚、学童×2枚、習い事×1枚、幼稚園×1枚、の合計6枚。

長女は自分で書いてくれるとはいえ、頭の中には6枚の検温カードがずらりと並んでいるし、書いたかどうか確認するのは私である。


そして、朝っていうのは、各々ご機嫌にムラがあったりもする。

みんなご機嫌で、毎朝最高のパフォーマンスで、スタートできたらいいのだけど、人間だものそうはいかない。


例えば、朝が弱い長女は、鉛のようにしか動けない日がある。

階段を降りるのも一苦労だし、朝食を食べながら、空虚に窓の外を見ていたりする。

長女は小さいころから寝つきが悪く、いまだに夜興奮して寝付けない日が時々ある。

「まだ寝たくないんだもーん」と、布団の中でルンルンしている姿はとてもかわいらしいのだけど、翌朝は決まって鉛になるので、とても困る。

しょうがないよね、と思いつつ、「ほら食べな」、「手が止まってるよ」と、声をかけては目を離すと、また目を開けながら眠っている。

それと同時に長男のお支度の進行に目を配って、末っ子の要求を飲みつつ、長女をまた見たら、手もお口も止まっている。


「朝からイライラすまい」と、いつだって心に掲げているんだけど、どうにも修行が足りない。

朝食を終えて、もたもたハンカチやマスクを用意する頃には、こちらも気が急いてくる。つまりイライラしてしまう。



さらには、長男が不機嫌パターン。

彼は、不満を全身から爆発させるタイプ。

朝、機嫌が悪いと、それはもう面倒。

ちょうど今日も、不機嫌な朝だった。

珍しく、私が先に起きて階下にいたことも不満だったし、些細なことで長女といさかいになったことも、引き金だった。

なにをするにも不貞腐れて、支度が遅々として進まないし、仕方がないので着ていくはずの体操服を出してあげたら、なんてこと、それを蹴っ飛ばした。

心に掲げた「朝からイライラすまい」を、ぎゅっと握って、華麗にスルー。

卵を焼きながら「ほら、お着替えしちゃいなよ」、「お熱も測ってね」、と声をかけたり、放置したりなんだりしていたんだけど、むくれっつらが治らない。

迫る時間と、のんびり屋の長女と、マイペースにタブレットをひらこうとする末っ子。

ああ、頭の中がむずむずする。

そして、浴びせられる長男からの「お熱はかってるし!」という怒声。

心に掲げてあった「イライラすまい」がバリンと砕け散る。なんなのもう。



とにかく小学生組ふたりを、穏便に健やかに送り出すのが、至難の業過ぎる。

私たちが暮らす地区の子どもたちは、安全面ではとってもありがたい集団登校なのだけど、集合時間というのが当然ある。

うちの子だけが遅刻する分には、構わないのだけれど、お友達を待たせてしまうのはやはり申し訳ないし、お仕事前に交差点で子どもたちを渡してくれる、旗当番のお父さんお母さんもいらっしゃる。

予定が狂うと、大変な人もあるだろう。

時間通りに家を出すということが、こんなにも難しいなんて、子どもたちが小学生にあがるまで知らなかった。



いつだって「いってらっしゃーい!」と、さわやかに送り出せるお母さんでありたいと、思ってはいるんだけど、ちっとも全然簡単じゃない。

テレビで観るみたいな、家族で朝食を囲んで「いっけね遅刻だ」、「あらあら」、「行ってきまーす!」ちゅんちゅん、みたいな光景ってほんとうにこの世に存在しているんだろうか。

こちら、寝間着のトップスにガードルしか履いてないお母さんが、居酒屋の元気なお兄さんみたいにせわしく動きながら、高らかに発声しているのが常なのだけど。

もう少し母として、研鑽を積んだら、あのテレビで観るみたいな、朝の世界線にたどり着けるんだろうか。

それとも、今生では無理なのかしら。

爽やかな朝の送り出しのための、ひみつ道具があったら、うっかり大枚落としそうなくらいには悩んでいるこの頃。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ハネ サエ.の画像
ハネ サエ.

成分のほとんどは3児のおかあさん。
おかあさん以外のときは取材をしたりエッセイを書いたりしています。

...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 朝が怒涛すぎる。心穏やかに見送りたいけど、現実は…!?