1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 意外なタイミングのプロポーズ。きっかけの祖母へ、伝えたい感謝の気持ち

意外なタイミングのプロポーズ。きっかけの祖母へ、伝えたい感謝の気持ち

意外なタイミングのプロポーズ。きっかけの祖母へ、伝えたい感謝の気持ちのタイトル画像

最近、大物カップルの「プロポーズの言葉」が話題になりましたね。私も久しぶりに、夫からのプロポーズのことを思い出しました。

結婚のきっかけとなった「祖母の存在」


夫との結婚のきっかけについて聞かれる時、いつも大好きだった祖母の顔が思い浮かびます。

というのも、夫からのプロポーズのきっかけが、実は「祖母の存在」だったからです。

小さいころから私のことを特別可愛がってくれた祖母。

私も祖母に懐いていました。

でも成長に伴い、思春期や反抗期で私の世界が広がっていくにつれ、だんだん会話も減りました。就職を機に家を出てからは、更に話すこともなくなりました。

わが家は両親が過保護気味。それに昔からウンザリしていた私は、たまに実家に帰っても夕食は地元の友人と食べに行くなど、あまり家に寄り付かなくなっていました。

祖母がどんな思いで私を見ていたのかは、今となっては知る由もありません。

ですが、その頃の自分の振る舞いを思うと、もう少し祖母と過ごす時間を取ればよかったなぁと悔やまれます。


意外なタイミングのプロポーズ。きっかけの祖母へ、伝えたい感謝の気持ちの画像1
pixta_75820198_M

もう取り戻せない祖母との時間


そのうちに、高齢だった祖母は体調が優れない日が増え、認知症のような症状も出始めました。

それもあってか、母親から「仕事をやめて帰ってきて、地元で再就職したら?」と何度も電話がかかってきていました。

「せめて顔を見せに、帰っておいで」とも言われていました。


ですが当時、仕事に恋に忙しかった私は、母親からの電話すら面倒に思っており、曖昧な返事の繰り返し。

「次のお盆休みに、休みが取れたら少しだけ帰省するか……」そんなふうに思っていた夏の日の夜のことです。眠っていた私は、父親と母親からのたくさんの着信に気付きませんでした。

「大変なことが起きました、折り返しください」父の固い口調の留守番電話の録音を、私は今でもハッキリと思い出すことができます。

それは、祖母の突然の訃報でした。



落ち込んでいた私に、思いがけない言葉が


こじんまりとした葬式が終わり、憔悴した両親の姿を見て、私はいたたまれない気持ちでいっぱいでした。

母親は、帰って来なかった私を責めませんでした。


ただ、ひどくショックだったのは「〇〇ちゃん(私の年下の従姉妹)はウェディングドレス姿を見せてあげられたから、しっかりおばあちゃん孝行ができたね」という母親の言葉。

思春期以降あまり祖母と過ごしてこなかった罪悪感からか、「なかなか帰って来ず、結婚もしてなかった自分は、孝行ができていない」そう言われたような気がしました。
(後日、母親にこの話をすると「覚えてない」とのことでした)

私は実家から帰ると、当時付き合っていた彼氏にこの話をしました。

自分はたいしておばあちゃん孝行はできてないし、冷たい孫だったのかもしれないこと。

もっと実家に頻繁に帰って、色々話せばよかった。

祖母が自分にしてくれたことを思えば、地元で再就職してでも、もっと一緒に過ごすべきだったのかもしれない……、という思い。


「なんだか親にも申し訳ない気分でいっぱいだし、疲弊してる親も心配だから、もう実家に帰ろうかなとも考えてる」

そんなことを、とりとめもなくポツポツと話しました。


すると、ずっと話を聞いてくれていた彼が、「おばあちゃんには見せてあげられなかったけど、結婚しようか」と急にプロポーズ。


それをきっかけに、その彼が、今の夫になったのでした。



意外なタイミングのプロポーズ。きっかけの祖母へ、伝えたい感謝の気持ちの画像2
pixta_55612373_M

祖母への限りない感謝とともに、家族と過ごす日々

あとで夫に聞いたところ、急にプロポーズしてくれた理由は、「実家(県外)に帰ったらもう会えなくなるかなと思って焦ったから」だったそうです。

祖母のことが無ければ、もしかしたら夫とは結婚できていなかったかもしれません。


というのも当時、夫は「今のところ結婚願望は無い」と言っていたから。

そんな考えの夫がプロポーズするきっかけをくれたのは、祖母でした。


今でもプロポーズの話を思い出すと、嬉しい気持ちと同時に祖母への申し訳なさ、祖母を失った悲しみを思い出します。

でも、あの時のプロポーズのおかげで、今の私たち夫婦と可愛い子ども達がいる。


それを考えると、祖母への思いは後悔より何より「感謝」でいっぱいになります。

祖母が与えてくれた愛情は計り知れない。だからこそ、たくさんの愛情を、私も家族に繋いでいきたいと思っています。



当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
あめのの画像
あめの

3歳息子と2歳娘の母、あめのです。

年子育児に奮闘しつつ自分と向き合う日々は
慌ただしいですが宝物です。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 意外なタイミングのプロポーズ。きっかけの祖母へ、伝えたい感謝の気持ち