1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 「僕もいつか、ママとお別れするの?」息子の質問に感じた成長と、寂しさ

「僕もいつか、ママとお別れするの?」息子の質問に感じた成長と、寂しさ

「僕もいつか、ママとお別れするの?」息子の質問に感じた成長と、寂しさのタイトル画像

上のクラスのお兄さんお姉さんが卒業したり、同じクラスのお友達が引越しで転園してしまったり。保育園でお別れが続いた4歳の息子。

色々と、思うことがあったようで……

お風呂タイムでの唐突な質問


「僕もいつか、ママとお別れするの?」

息子が真顔で聞いてきたのは、ある平日のお風呂タイムのことでした。


その手には、ついさっきまで水遊びで使っていたカラフルなオモチャ。

その鮮やかな色味と対照的に、4歳の無垢な表情は少し翳っており、真剣に質問していることがわかりました。

驚いた私は、「急にどうしたの?」と、つい質問で返してしまい、そのせいなのか、聞いて気が済んだのか、息子からは返事がありませんでした。


ワンオペお風呂タイムはバタバタで、息子の質問はそのまま保留となり、怒涛の寝かしつけタイムへ。

そんな慌ただしい中でも、頭の片隅には息子の質問と、少し元気のない顔がチラついていました。


「僕もいつか、ママとお別れするの?」息子の質問に感じた成長と、寂しさの画像1
pixta_36422510_M

「お別れ」を意識し始めた4歳息子


なぜ、息子はこんな質問をしたのだろう。

考えていると、思い当たることがありました。


それは先週、園のイベントで「音楽会」があった時。

クラスのお友達が、引っ越しで転園するというお話が担任の先生からありました。

進級したクラスには、これまで一緒に過ごしてきた3人のお友達がいなくなるということ。

さらに年長さんのお別れ会も行われたばかりでした。


これまで当たり前に会えていたお友達の引越しや、たくさん面倒を見てもらった年長さんの卒業は、息子にとって「別れ」を意識する大きなきっかけになったのだと思います。

「さて、なんと答えたものか……」

私はつい考え込んでしまいました。



息子のクールな反応に焦り、私の口から出た言葉


そして、数日後のお風呂タイムのことです。

2人で話せる時間があったので、私から切り出してみました。

「あのね、息子くん。ママもパパも、息子くんが大きくなるまで一緒にいるよ。でも、ずっと一緒にはいられないんだ。」

息子は、前の質問を覚えていたようですぐに「大きくなるって、いつ?」と聞き返してきました。

「息子くんが、18歳になるまでかな」


キョトンとした顔の息子を見ていると、私は急に切ない気持ちになりました。

息子は続けます。
「じゃあ、今、僕は4歳だから、4.5.6.7…(順に数える)18!まで?それからはもうお別れなの?」

「お別れではないよ、ママはずっと、息子くんのママだよ!でも、18歳になったら、息子くんももう大人の人だから、ママがいなくても大丈夫になるんだよ」

こんなふうに答えながら、私はなんだか、巣立ちの時を想像して早くも寂しくて仕方ない気持ちに……。

そんなことに気づかない息子は、「そっか〜。仕方ないな〜」と意外にもあっさり。

えっ、もっと寂しがってくれないの?
私はこんなに切ない気持ちなのに、息子君は平気なの…!?
まだまだ子どもだと思っていたけど、もしや、もう自立しかけているの?

と、なんだか色々焦った私は、つい、こう尋ねました。

「大人になってもママと遊んでくれる?」

息子はにっこり笑って、「うん、いいよ!」と返してくれました。


「僕もいつか、ママとお別れするの?」息子の質問に感じた成長と、寂しさの画像2
pixta_6693389_M

親のつとめと寂しさとのジレンマ


ふと、「こんなふうに、母親と話してくれるのはいつまでなんだろう…」と考えてしまい、ものすごく切なくなった、お風呂での会話でした。

自分のことを振り返っても、成長するにつれて親とは距離を置いていたのに、息子の事となると、もうすでに寂しくてたまらない。


「別れ」という出来事に、不安や寂しさを感じているのかと思いきや、意外にもケロッとしていた息子。

単に疑問が解決してすっきりしたからなのか、それともまだ「別れ」に実感が湧かないのか……。

息子の心境はわかりませんが、親がいなくても独り立ちできるように手助けしていくのが、親のつとめでもあります。


寂しいけれど、親のつとめもしっかりと果たすというジレンマも感じながら、せめて今、一緒に過ごせる時間を大切にしよう…と改めて思えた出来事でした。



当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
あめのの画像
あめの

3歳息子と2歳娘の母、あめのです。

年子育児に奮闘しつつ自分と向き合う日々は
慌ただしいですが宝物です。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 3-6歳児
  6. >
  7. 「僕もいつか、ママとお別れするの?」息子の質問に感じた成長と、寂しさ