1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「あぁ…あの頃の私よ、なぜ!?」過去の自分に言いたいこと特集

「あぁ…あの頃の私よ、なぜ!?」過去の自分に言いたいこと特集

「あぁ…あの頃の私よ、なぜ!?」過去の自分に言いたいこと特集のタイトル画像

出産、育児は、経験してみないとわからないことも多い!過去の私に言っておきたい、アドバイスしておきたいこととは…

心配ご無用!だったけど……

「あぁ…あの頃の私よ、なぜ!?」過去の自分に言いたいこと特集の画像1
「あぁ…あの頃の私よ、なぜ!?」過去の自分に言いたいこと特集の画像2
「あぁ…あの頃の私よ、なぜ!?」過去の自分に言いたいこと特集の画像3
「あぁ…あの頃の私よ、なぜ!?」過去の自分に言いたいこと特集の画像4


産前に抱いていた心配事は、「私がお母さんになれるのかな?」ということ。

いざ子どもと対面すると、そんな心配は無用だった!と言い切れるほど、子どもが可愛く大好きに。

それでも少し後悔してることと、産前の自分に忠告しておきたいことって?


記事の続きはこちらから!

「あぁ…あの頃の私よ、なぜ!?」過去の自分に言いたいこと特集の画像5

ハードルが高いと思っていた

「あぁ…あの頃の私よ、なぜ!?」過去の自分に言いたいこと特集の画像6
「あぁ…あの頃の私よ、なぜ!?」過去の自分に言いたいこと特集の画像7
「あぁ…あの頃の私よ、なぜ!?」過去の自分に言いたいこと特集の画像8


妊娠中、無痛分娩はハードルが高く感じたので、迷いなく普通分娩を選びました。

しかし経験してみると、出産の痛み想像以上……

選択肢が増えてる今、次回はじっくり考えたい。

記事の続きはこちらから!

「あぁ…あの頃の私よ、なぜ!?」過去の自分に言いたいこと特集の画像9

イメージとだいぶ違うぞ……


~陣痛ってアレでしょ「ウッ」でしょ?~

長男を妊娠していた時分、私はまだ会社勤めをしていて、結構おなかがせり出してくるまで関西全域を飛び回っていた。

本来なら予備知識0で出産に挑む1人目のママなのだから、ちゃんと地域のプレママ教室であるとか、通院している産婦人科の集まりなどに出て予習をするべきだったのに

「仕事が!忙しい!」

という事と、幸運にも比較的順調な妊婦生活を送れていた事がむしろ仇になり

「陣痛って、とりあえず『ウッ』ってなって分かるもんなんやろ?」

と本気で思っていた。

あの日の30歳の私に今42歳の私が会いに行けるのならば1時間位説教すると思う。


~遠い遠い分娩室~

そして、いきんでいいと言われたのは本気で翌朝だった。

その間、私は一晩中吠えて。
そして声が枯れた。

だから、よく出産の際の痛みを「鼻からスイカ」だとか古式ゆかしい言い回しがあるけれど、あれを嘘とは言わないけど、私個人は、あまり適当ではないと思う。

だってその前、陣痛がいよいよ強く、そしてその間隔が短くなり、そのどうしようもなく重たく感じるあのお尻への痛みを

「いきむな、逃がせ」

というアレが痛いんだもの。

ちゃんと説明しておいてください。

というより学習しておけ自分よ。


記事の続きはこちらから!

「あぁ…あの頃の私よ、なぜ!?」過去の自分に言いたいこと特集の画像10

買わずに後悔したもの


産後すぐにミルク育児が始まったわけなのですが、今思い返すと、「あぁすれば、もっと楽だったのになぁ……」と思うことがあります。


「あぁ…あの頃の私よ、なぜ!?」過去の自分に言いたいこと特集の画像11


保温機能があるお湯沸かし。

これがあったら、あの頃のミルク育児ももっと楽だったのになぁと思います。

というか、当時も欲しいと思って、双子が生まれる前に夫に相談したのです。

しかし、夫は……


「あぁ…あの頃の私よ、なぜ!?」過去の自分に言いたいこと特集の画像12


世の中にたくさんある、便利な育児グッズ。

買うか買わないか悩み、結局断念した「調乳ポット」ですが

やっぱり買っておけばよかった!と思うことに。

その理由は……


記事の続きはこちらから!

「あぁ…あの頃の私よ、なぜ!?」過去の自分に言いたいこと特集の画像13

そんなに甘くなかった!

「あぁ…あの頃の私よ、なぜ!?」過去の自分に言いたいこと特集の画像14
「あぁ…あの頃の私よ、なぜ!?」過去の自分に言いたいこと特集の画像15
「あぁ…あの頃の私よ、なぜ!?」過去の自分に言いたいこと特集の画像16


産んでみて初めてわかったこと。

子どもとの生活も、子どもへの愛情も、どちらも想像以上。

職場でのその発言、ちょっと待った~!


記事の続きはこちらから!


子育てはその時その時、目の前のことに精一杯。

後から振り返ってみると、もっとこうしておけばよかった!なんてことも多いですよね。

反省することもあるけれど、その時頑張っていた自分を褒めてあげましょう。


(編集:コノビー編集部 木下)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「あぁ…あの頃の私よ、なぜ!?」過去の自分に言いたいこと特集