1. 総合トップ
  2. >
  3. 教育・遊び
  4. >
  5. デメリットも覚悟の上だった多言語育児が、今のところ“プラスになってる”と思う理由

デメリットも覚悟の上だった多言語育児が、今のところ“プラスになってる”と思う理由

デメリットも覚悟の上だった多言語育児が、今のところ“プラスになってる”と思う理由のタイトル画像

ベルギー人の夫と国際結婚をして、ベルギーで子育てをしている私。手探りだった多言語育児は、今のところ……?



まいどおおきに!脳の発達について考えるのが大好き系オカン、さとえみです。

私はベルギー人の夫と国際結婚をして、ベルギーで子育てをしています。

娘たちは、私と会話する時は日本語を使っているのですが、今回はそんな我が家の“多言語育児事情”にまつわるお話です。

デメリットも覚悟の上だった多言語育児が、今のところ“プラスになってる”と思う理由の画像1
デメリットも覚悟の上だった多言語育児が、今のところ“プラスになってる”と思う理由の画像2


しかし、これはちょっと妙な話で……。

我が家はただでさえ日本語とオランダ語の二言語を使う環境で、家庭でも「ベルギーにいながら日本語を習得するための時間」をそれなりに費やしてきました。

これは、現地に育つベルギー人の子どもたちには必要のない時間です。

さらに……

デメリットも覚悟の上だった多言語育児が、今のところ“プラスになってる”と思う理由の画像3


新型ウイルス流行前は、定期的に日本に一時帰国し、日本の小学校に体験入学をさせてきました。

その間はベルギーの学校を休んできたため、現地での授業に遅れているのです。

真面目な性格とはいえ、クラスのトップになれるようにとガリ勉させているわけでもなく……。


それでベルギー現地校のペーパーテストが満点近くになるとは、どういうことやろ??

すると、ベルギー人夫はこう分析した!

デメリットも覚悟の上だった多言語育児が、今のところ“プラスになってる”と思う理由の画像4
この記事を書いた人
さとえみの画像
さとえみ

ベルギーの片田舎に生息するお絵かき好きの主婦です。
ベルギー人夫ヤンと共に二人三脚で三姉妹を育てています。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 教育・遊び
  4. >
  5. デメリットも覚悟の上だった多言語育児が、今のところ“プラスになってる”と思う理由