1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. どうなってるの? 昨今の保活(ホカツ)事情

どうなってるの? 昨今の保活(ホカツ)事情

どうなってるの? 昨今の保活(ホカツ)事情のタイトル画像

まず押さえたい!知っているつもりでも一度は確認しておきたい、「保育制度のキホン」について概要をお伝えいたします。まずはこれを読んでホカツに備えてみてくださいね♪

出典:http://www.sakatahoikukyokai.jp/hamanaka/

まずおさえたい!保育制度のキホン

1. そもそも保育の仕組みって?

保育園、幼稚園、学童保育…

「なんだか全部子どもを預ける先のように聞こえるけど、何が違うのか正直わからない。」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。女性であっても、”マタニティ”、”ベビー”、”キッズ”という子ども関連のワード・サービス・制度等について、なかなか自分自身が子どもを持つ段階になるまで、ほとんどの方があまり意識しないで生活をしていると思います。そして、ご自身が妊娠・出産などに直面したときに初めて、「世の中にこんな世界があるのだなぁ。」と驚かれる方も多いのではと思います。

”保育”についても、さて仕事と子育てをどう両立しようか、と考えたときに初めて意識するのではないでしょうか。

2. 小学生になる前と後で大きく異なる

簡単に言うと、日本の保育制度は、以下の2つに分かれています。



①未就学児(0歳~5歳):保育園、幼稚園、子ども園など

②小学生(6歳~12歳):学童保育(放課後児童クラブ、放課後子ども教室)



共働き世帯がますます増える中、①の小学生以前の問題では「待機児童の多さ」が、②の小学生に関しては、「小1の壁」というものが、長らく社会問題として存在しています。

今回は、最初に子育て世代が直面する、①の未就学児の保育制度の基本をお伝えしたいと思います。  

3. 保育所、幼稚園、子ども園は何が違うの?

(1)実は、未就学児の保育事業である、保育所、幼稚園、子ども園は、これまで、別々の法律、監督官庁で制度化されたものです。

保育園は児童福祉法(厚生労働省)、幼稚園は学校教育法(文部科学省)、こども園はさらに形態によって認定こども園法(内閣府)や学校教育法がベース、というように、一見似たように見えるこうした施設は、異なる目的や考え方で運用されてきました。これらをもっと利用者に使いやすいよう(実際はあまり変わりませんが)、平成27年4月から、平成24年8月に成立した「子ども子育て支援法」のもと、一体的な制度として運用されることが決まっています。



これら施設の主な利用者像は、政府の建前的な言い分ではなく、現在の実情から、大ざっぱに言って次のようになります。

・保育園(0~5歳):両親ともフルタイムでバリバリ仕事したい保護者

・幼稚園(3~5歳):主婦(主夫)または、こだわりの幼稚園に通わせたい保護者

・こども園(0~5歳):基本的には誰でも(が、実際は短時間勤務~主婦(主夫)層)



(2)また保育園は制度的に色々と細かく分かれています。まず大きく認可と認可外の2つに分かれます。「認可外は高い」というイメージがあるかと思いますが、認可園と大きく変わらないような保育料設定の施設も少なくないですし、認可外の中にも自治体が独自で補助を行っている施設もあります。

また、保育園は平日・夜20時ごろまでを基本とするところが多いため、土日・早朝・夜間などにお仕事のある場合は、ファミリーサポートやベビーシッター、夜間保育所の併用も考える必要があります。



新制度では、保護者の就労や家庭環境に関わらず、すべての保護者に利用できる制度にする、としています。しかしまだまだ待機児童が多い都市部では、フルタイム共働きでも高いハードルがあります。

次回は、特に「子どもの預け先がないと、仕事に復帰できない!」と不安に思われている方に、保活(保育園の情報収集~入園決定までの活動)を取り巻く実情について、順にご説明したいと思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

遊び・教育 学童保育 小学校

この記事を書いた人

長岡 美恵

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. どうなってるの? 昨今の保活(ホカツ)事情