1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. “親切心”であるほど自覚するのが難しい。「余計なお世話」を言いそうになった話

“親切心”であるほど自覚するのが難しい。「余計なお世話」を言いそうになった話

“親切心”であるほど自覚するのが難しい。「余計なお世話」を言いそうになった話のタイトル画像

本当に気をつけよう……と思ったのです。

“親切心”であるほど自覚するのが難しい。「余計なお世話」を言いそうになった話の画像1


まいどおおきに!

他の人に何か言えるほど立派な子育てなんてしていない系オカン、さとえみです。


私には、心に誓っていることがあります。

それは「他人の育児に口を出すようなことはしない」ということです。

“親切心”であるほど自覚するのが難しい。「余計なお世話」を言いそうになった話の画像2


言い訳をすると、オカンは大阪出身で、「ちょっとおかしなところがあったら突っ込まずにはいられない」という習性を持っています。

例えば、相手が話を面白くするためにボケたのに、それをスルーするなんてマナー違反なわけです。

(※もちろん、どちらも個人の感想です。)


しかし、ここはベルギー。

自分の生まれ育った環境とは、価値観や文化がまるっと違う社会の中で、突っ込んでいいところと悪いところが全然分かりません。

なので「突っ込むべきなのかどうか」をその都度葛藤して判断するという、私にとってはちょっとハードルの高い日々を過ごしていました。


今回ご紹介するのは、その中でも指折りの「余計なこと言わんで良かった……!」なエピソードです。

“親切心”であるほど自覚するのが難しい。「余計なお世話」を言いそうになった話の画像3
“親切心”であるほど自覚するのが難しい。「余計なお世話」を言いそうになった話の画像4
“親切心”であるほど自覚するのが難しい。「余計なお世話」を言いそうになった話の画像5
“親切心”であるほど自覚するのが難しい。「余計なお世話」を言いそうになった話の画像6
“親切心”であるほど自覚するのが難しい。「余計なお世話」を言いそうになった話の画像7
“親切心”であるほど自覚するのが難しい。「余計なお世話」を言いそうになった話の画像8


最近は日本でも変わってきたようですが、実はベルギーでは、母乳育児をする人はそれほど多くありません。

母乳育児が推奨されることはあるものの、個人の意思を尊重する風潮なので一律に促す動きはありませんし、ワーキングマザー率が高くてミルクに移行しやすいというのもあります。

最初から母乳をあげない人ももちろんいます。


というわけで、そのような環境の中で「母乳育児の良さ」をこんこんと語り、ましてそれを他人に押し付けようとするのは……どういうことかお察しいただけるかと思います。

とっても余計なお世話になるということです。

私は自分が母乳育児の真っ最中だったこともあり、日本の母乳パッドの品質の良さに打ち震えていたので、本当に親切心のつもりで「他の人にもこの素晴らしさを知ってもらいたい」と思っていました。

そんな風にテンションが高かったタイミングやったというのも、悪かったなと……。


言っていいことと悪いことの判断というのは、「親切心」のつもりである時ほど難しいものだと思います。

だって、良かれと思って言っているから。


余計な一言を「言われた経験」は忘れられずに覚えているものですが、自分が「言ってしまいそうになる経験」は、なかなか気づくことができないかもしれません。

それが子育てに関することであれば、尚のこと。

これは文化的な背景の違いを理解することももちろん大切ですが、日本人同士でも、どんな場面においても、肝に銘じないといけないですね。

ほんまに気をつけます。


ほなまたね!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
さとえみの画像
さとえみ

ベルギーの片田舎に生息するお絵かき好きの主婦です。
ベルギー人夫ヤンと共に二人三脚で三姉妹を育てています。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. “親切心”であるほど自覚するのが難しい。「余計なお世話」を言いそうになった話