1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 知って安心!妊娠、出産を助ける妊婦健診費用の助成と出産育児一時金制度

知って安心!妊娠、出産を助ける妊婦健診費用の助成と出産育児一時金制度

知って安心!妊娠、出産を助ける妊婦健診費用の助成と出産育児一時金制度のタイトル画像

妊娠が判明!喜びの反面、出産にはどれくらいの費用がかかるのだろう?と不安に思うこともあると思います。妊娠、出産は病気ではないため、保険はききません。全額自己負担となります。でも、これらの費用負担を助けてくれる社会福祉制度があります。安心して出産に臨めるよう今回は妊婦健診の助成制度と出産一時金制度についてをご紹介します。

妊婦健診費用の助成制度

出産までには妊婦健診を受ける必要があります。妊婦健診は赤ちゃんの健康状態や成長具合をみるだけではなく、お母さん自身の健康状態もチェックするもので、無事出産するためにもとっても大切なものです。



妊婦健診も出産同様、保険はききません。しかし、各自治体から母子手帳を交付してもらう時に一緒に妊婦健診の費用の助成券をもらうことができるので、健診にかかる費用をおさえることができます。(妊婦健診助成の回数や金額などは自治体によって異なります)



ただし、助成券でまかなえる健診内容は妊娠週数によって決められているので、検査を行った場合など、助成の範囲を超えた場合は自己負担になります。また、病院によって健診にかかる費用が異なるので、助成券で賄えない分の費用はその都度請求になります。といってもそんなに大きな負担はなく、私の場合は毎回1000円位の自己負担でした。



どれくらいの自己負担になるかは通院する病院に聞いてくださいね。もちろん助成券の範囲で健診費用を設定していて自己負担がない病院もありますよ。



妊婦健診を受けずに出産に臨むことは非常に危険です。しっかりと健診を受けてくださいね。

知って安心!妊娠、出産を助ける妊婦健診費用の助成と出産育児一時金制度の画像1

出産育児一時金制度

国民健康保険や社会保険など健康保険に加入している方で、妊娠4ヶ月以降に出産した場合には出産育児一時金として出産時、1人につき42万円が支給されます。双子の場合は2倍の84万円が支給されます。また、残念ながら妊娠4ヶ月以降に流産してしまった場合にも支給されます。



健康保険の保険者が出産育児一時金を病院へ直接支払う直接支払い制度というものを利用できる場合が多いので、出産前にまとまったお金を用意しなくてもすみます。



直接支払い制度については病院から案内されることが多く、申請手続きも簡単になっています。と、いってもじゃあどれくらい自分で用意すればいいの?と思いますよね。参考程度ですが、私の場合は正月の夜中に出産して自己負担は5〜6万円位でした。もちろん地域や病院によって自己負担額には差がありますので、出産予定の病院での確認をお願いします。



健診や出産にはこういった費用助成の制度があります。安心して出産に臨めるよう利用してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

子どもを産むにはお金がかかるという話を聞き、不安になっていた方もいたのではないかと思います。ぜひ制度を上手に活用し、安心して出産に臨んでくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

なつ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 知って安心!妊娠、出産を助ける妊婦健診費用の助成と出産育児一時金制度