1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 冬のすべり台はバチバチくる。いや~な静電気対策No. 1は?

冬のすべり台はバチバチくる。いや~な静電気対策No. 1は?

 冬のすべり台はバチバチくる。いや~な静電気対策No. 1は?のタイトル画像

コノビーみんなのアンケート☆
現代育児に奮闘中のパパとママ。そのリアルな声を、そのままお届けします。

Qバチッ!を防ぐ。静電気対策に何している?

 冬のすべり台はバチバチくる。いや~な静電気対策No. 1は?の画像1

※2020年12月16日〜17日(コノビー公式Twitterより)

放電をして、体内の電気を逃す


最多回答は、「放電」(53%)でした。

壁に手を触れて電気を逃しておくと、バチッと感じにくくなると言われていますね!

2位は「タオルなどを当てて金属に直接触れない」(24%)、3位は「除去グッズを着用」(18%)が続きました。


冬のすべり台は、かなりの試練…


ドアを開けようとしたら、バチっ!

手すりに触れたら、バチっ!

「ねえねえ」と友人の肩を叩いたら、バチっ!

学生時代から筆者は静電気を感じやすく、こわい思いをたくさんしてきました。

たまに「これ感電した?」と思えるほど強烈なバチっっ!!!!があるじゃないですか…。

冗談抜きでこわいし、不快なので、どうにかしたい。

トップ回答の放電は、筆者もよくやります!

1番多いのは金属製ではない壁に手を当てること。

コンクリート木の壁は金属よりも電気を通すスピードがゆっくりなので、バチっとなりにくいんですよ。

タオルを当てて金属に直接の触れないもわかるなぁ。

静電気を感じにくいことによる安心感がありますよね!

子どもを持ってから、筆者がもっともつらいのが、冬のすべり台…。

摩擦で帯電した子どもに触れるたびに身構えてしまいます。

アンケートにご協力くださり、ありがとうございます!

(コノビー編集部:そのべ)




当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 冬のすべり台はバチバチくる。いや~な静電気対策No. 1は?