1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その3

2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その3

2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その3のタイトル画像

2020年、多くのヒット記事が生まれました。その中から、特に素晴らしかったものをコノビー編集部が選出!
今年1年を振り返りながら、お楽しみください!

“蚊”が原因で、お外行きたくない……

2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その3の画像1


娘さんが、ある日を境に「虫こわい!」と言うようになったという、かやのおへそさん。

さらには、虫がいる外に出ることを嫌がるようになってしまいます。

心配したのは、保育園の外遊び。

みんなと一緒に行動できない娘さんに、保育園の先生がかけた言葉とは?


2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その3の画像2

義母が我が家に連泊。不安、そして不安!

2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その3の画像3


数年前の年末。

獅子えもんにとって、その年の一大イベントが待っていました。

それは、義母の来訪。そして4連泊。

決して不仲ではないけれど、「良い嫁として行動したい!」そんな思いから夫と作戦会議。

何を隠そう夫と義母の間には、基本的に会話がない。

そして夫の家事能力はほぼゼロ……

家事を完璧にし、義母との会話も弾ませるには!?

不安しかなかった作者は、救世主の存在に気が付きます!



2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その3の画像4

ママとの思い出、しっかり覚えてるよ!

2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その3の画像5


一日の終わり、寝かしつけの時間。

ナナジューさんは、なかなか寝付いてくれない息子に「また明日ね」と言葉をかけました。

そしてふと、「今日とか、明日ってこの子はわかっているのかな?」と思ったそう。

そんな時、息子さんが口にした言葉に胸が熱くなったお話です。


2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その3の画像6

当時涙していた私。息子の言葉に救われた

2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その3の画像7
pixta_67082769_S


ある日、高校生の息子さんから

「なんで俺、0歳から保育園行ってたの?」

と質問されたtaoさん。

入園当時、まだ小さかった息子さんを保育園に預けることに、少しの後ろめたさを感じていたことも事実。

やっぱり寂しかったのかな!?と一瞬戸惑ったものの

その後の息子さんの言葉は意外なものでした。

保育園に預けたことに、後悔はない!と改めて思えた、そんなエピソードです。


2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その3の画像8

息子は、大きくなりたくない!?なぜ?

2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その3の画像9


「大きくなったら何になりたい?」

みなさんも、一度はお子さんに聞いたことがあるのではないでしょうか。

そんな質問に対し粥川さんの息子さんは、まさかの「大きくなりたくない!」宣言。

その理由とは!?

クスッと笑ってしまう理由でも、気づけば涙のエピソードです。


2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その3の画像10


本日も、5本のヒット記事を選出させていただきました。

子育て中、楽しいことも沢山ある一方、悩んだり落ち込んだりすることも。

そんなとき、子ども達や支えてくださっている方々の言葉や行動に、救われた経験はありませんか?

今回はそんなエピソードを中心にご紹介しました。

明日はラスト5本!お楽しみに!


(編集:コノビー編集部 木下)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その3