1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その2

2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その2

2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その2のタイトル画像

2020年、多くのヒット記事が生まれました。その中から、特に素晴らしかったものをコノビー編集部が選出!
1年を振り返りながら、お楽しみください!

息子の嘆きに「それは違うよ」

2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その2の画像1


公園で宝探しゲームをしていたときのこと。

隠した宝物が、見つからなくなってしまったというエピソードです。

「こんなに悲しいなら、やらなければよかった!」と泣きながら訴えた息子に、母として伝えたかったこととは。


2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その2の画像2

私の理想とする”家族の形”

2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その2の画像3
2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その2の画像4


異なる環境で育った者同士が、家族となる結婚。

相手の実家を訪れた際、その違いを目の当たりにすることも多いですね。

普段は仏のようだという、どしぱんつさんの夫。

そのルーツが、義実家にありました!


2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その2の画像5

「お母さんがいいって言ったらね」の理由

2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その2の画像6


これは、パパあるあるなのでしょうか?

つい言ってしまいがちな「お母さんががいいって言ったらね」の言葉。

なんとなく言っていたけれど、改めて考えると、そこには明確な理由が!?

「一理あるな」と思う人、続出かもしれません!


2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その2の画像7

大事な育児パートナー、コケシちゃん

2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その2の画像8


みなさんは、お子さんとの思い出の品はありますか?

さざなみさんには、思い出深いおもちゃがあるそうで、その名も「コケシちゃん」

当時よく泣く子だった長女に、どうにか泣き止んでほしいと、手作りされたのです。

その全ぼうとは?

音まで想像すると、とてもほっこりする作品です!


2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その2の画像9

「たった100円」発言から考えた、お金の教育

2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その2の画像10


お金の大切さは、子ども達に伝えていきたいですよね。

「たった100円」という子どもの発言をきっかけに、お金の勉強を始めた、ひいちゃんさん親子。

やり方はまず、100円を貸すことから……

年始は、お年玉など子ども達がお金を手にする機会もあるので、参考にしたいですね!


2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その2の画像11


2020年のヒット記事から選出した、今回の5本はいかがでしたか?

ご自身の子育てや、夫婦の関係について、振り返るキッカケになるといいなと思います。

残り2日、まだまだご紹介は続きます。

多くの方に共感や、感動を与えた作品をもう一度!


(編集:コノビー編集部 木下)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 2020年のヒット作!編集部選出、もう一度読みたいあの作品!その2