1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 便利な未来家電に手を出した。時間も心も、ゆとりができた。

便利な未来家電に手を出した。時間も心も、ゆとりができた。

便利な未来家電に手を出した。時間も心も、ゆとりができた。のタイトル画像

未来家電に躊躇するすべての人へ。

便利は正義、便利はゆとり。

時間の神に恐れないで、どうか楽を選んでね。


そもそも、ものを買うことに臆病なのだ。

ものがひとつ増えるということは、大きいものでも小さいものでも、大なり小なり暮らしに変化があるのだから。

私は変化に弱い。

生来の買い物無精が、とくに苦手としているのが、家電。

家電を買うのがとにかく苦手。

たいていの家電は、暮らしに変化が大きすぎる。

それがほとんど、よい方向であったとしても、変化に変わりはないのだもの。


冷蔵庫、洗濯機、あたりのどうしても必要なものに関しては、仕方がないので壊れれば買う。

量販店で、ぱっと見てなんとなくピンときたやつを買うという、大味な買い方。

機能が、とか、節電が、とか、他社との比較を、とか一切思わない。

あればいい、のだ。

あればいいので、ほんとうにどれでもいい、と思っている。


とはいえ、昨今はとっても便利な家電が続々と登場していて、魅力的ではある。

お買い物が趣味の方や、家電が好きな方からすると、語りつくせないくらい沼が深いんだろう。

空気清浄機とか、お掃除ロボットとか、低温調理器とか、電気ケトルとか、暮らしをよくする、便利でスタイリッシュな家電がたくさんある。

知ってはいるんだけど、そもそも買い物無精な上に、特に家電に苦手意識が強いので、お友達のご家庭なんかでそういったものを見ては、漠然と「未来……」と思って生きている。



最初に挙げた理由にさらに加えると、家電っていうのは家庭内の限られたコンセントの奪い合いだ。

炊飯器とか、電子レンジとか、冷蔵庫とか、ほとんどのコンセントを、そういう暮らしの中で、避けようのないものに使ってしまう。

余ったコンセントは、充電したりするのにあけておきたい。

そして、その未来な家電が、我が家に来た場合、未来家電にとって適したコンセントには、先約があるかもしれない。

そんな理由もあって、どうも気が進まなかった。


もちろん、未来家電たちは、明晰な頭脳を持ったエンジニアたちの英知の集結なわけだから、便利で暮らしをよくするもので間違いない。

私が無精で臆病なばっかりに、なかなか手を出せないだけで、それらが素晴らしいプロダクトであることは、分かり切っているのに。

ただ、私の購買意欲と、相容れないというだけ。

無理に、未来家電と折り合いをつけて、大枚をはたく必要はどこにもないので、静かに暮らしていたんだけれど、この度、それらを乗り越えて、新しい家電を迎え入れることになった。

商品名は伏せるとして、それはお料理環境を抜群に快適にする、素晴らしい調理器具。

食材を切って放り込み、スイッチを入れさえすれば、お出かけ中に一品作っておいてくれる賢い子。



子どもが大きくなるにつれて、楽になると思っていた夕飯の支度が、どんどん大変になっていくという、予測外の現実に私は直面した。


四六時中抱っこをせがまれたり、なにかをこぼしたり、お漏らしをしたりといった夕方の戦場こそ、ずいぶんなくなってきたんだけれど、今、どういうわけだか夕方家にいる時間がとっても短い。

彼らそれぞれに習い事や、お友達との約束があったりして、あちこち車で走り回っているうちに、いつのまにか日が暮れる。

なんでもう暗いんだろう、と首をひねっても、お外がまた明るくなるわけでもないので、ただ大急ぎでばんごはんの支度をするしかない。

どうして毎日こんな有様なのか、と1年以上そんな暮しをして、いよいよ重たい腰を上げた。なんとかしたい。しなければ。


物理的に時間がない中、SNSで話題になっていた、とある家電が目についた。

「これさえあれば……」

すべてを解決すると確信して、すぐさま通販サイトで注文、ぽち。

なんて便利な世の中。



結果は驚くべきものだった。

渋滞が一気に緩和されたような、長い便秘が解消したような、すっきりとした確かな感触。

勇気をもって飛び込んだ新しい家電は、確実に暮らしを整えた。


カレーだとか、煮物だとか、ちょっとした副菜だとかを、習い事の送迎の間につくっておいてくれる。すごい。

たぶんどこかで私は、時間を道具で買うのが、後ろめたかったのかもしれない。

なんていうか、時間って、神の領域みたいなイメージがあった。

人間の分際で、時間をどうこうしようとするなんて、おこがましいのでは、と思ったりもしていた。

私は少し大げさでもある。

んだけど、もう背に腹は代えられないし、実際に使ってみれば夕方の疲労感が半分くらい。

肉体を摩耗させて、神経をとがらせて、夕飯をつくることがなくなった。

だって、未来家電の中では、なにかしらが一品仕上がっているんだもの。


じたばたしないで、優雅に台所に立つ私、そうこれが本来の私。



こんなことなら、もっと早く導入するべきだった。

暮らしは確かによくなったし、コンセント問題も、知恵を絞ったらなんとかなった。

神からのお咎めも特にないし、時間の神も怒ってないんだろう。

というか、時間を有効活用できているんだし、いっそ褒められるかもしれない。


ほんとうだったら、子たちがもっと小さかったとき、長女が抱っこをせがんでいたあの夕べ、走り回る長男を追いかけてくたくたになっていたあの頃、末っ子が足元で、ボウルや野菜をしっちゃかめっちゃかにしていたあの日にこそ、未来家電のお世話になるべきだったのに。


しょうもないことを、ぐずぐず言うのをやめなさい、便利も快適も、時間を手に入れることも、すべて正義だよ、と、あの日々の私に教えてあげたい。

未来家電を手に入れるか迷っているすべての人へ、この文章が届きますように。

時間の神は怒らないし、暮らしはきっとよくなる。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ハネ サエ.の画像
ハネ サエ.

成分のほとんどは3児のおかあさん。
おかあさん以外のときは取材をしたりエッセイを書いたりしています。

...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 便利な未来家電に手を出した。時間も心も、ゆとりができた。