1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 7-12歳児
  6. >
  7. 中学受験の2ヶ月前、突然「やめたい」と告白した息子。気持ちを尊重すると決めた理由

中学受験の2ヶ月前、突然「やめたい」と告白した息子。気持ちを尊重すると決めた理由

中学受験の2ヶ月前、突然「やめたい」と告白した息子。気持ちを尊重すると決めた理由のタイトル画像

息子の言葉をきっかけに、私たち親子は中学受験に挑戦すると決めました。でも本番直前、息子が突然受験をやめたいと言い出したのです。受験するのかしないのか、親子の葛藤をご紹介します。

taoのアイコン tao

縁がないと思っていた中学受験


私が住んでいる地域は私立の中学校は数えるほどしかなく、ほとんどの子どもは公立の中学校に進学します。

なので私立中学の受験は、我が家には全く縁のないものだと思っていました。

しかし、そんな我が家に突然、中学受験の話が持ち上がったのです。


それは、息子が小学6年生の6月のこと。

息子から

「少し前から考えていたんだけど、〇〇中学に行きたいから受験したい」

と言われました。

私は「ん?何て言った?」と聞き返してしまうほどの驚きの告白に、しばらく状況を把握できませんでした。

そんな私を見た息子は

「〇〇中学に行きたい。自分の力を試してみたい」

と再度、自分の思いを話し出しました。


中学受験の2ヶ月前、突然「やめたい」と告白した息子。気持ちを尊重すると決めた理由の画像1
pixta_17417250_S

中学受験を決意した理由


息子が受験したいと言った中学校は、県内でも有名なスポーツの強豪校でした。

スポーツだけではなく勉学にも力を入れている、中高一貫の学校です。

勉強が得意ではない息子がなぜ中学受験をしたいと思ったのか、理由を尋ねてみました。

すると「〇〇中学でサッカーをしたい。挑戦したい」と言いました。

息子は幼い頃からサッカーを習っており、平日は練習、土日は試合とサッカー漬けの毎日を送っていました。

そんな息子がスポーツの強豪校へ入学できれば、サッカーの技術をさらに伸ばすことができると思いました。

しかし、中学受験となると金銭的な面や通学の時間、そしてこれまで仲良くしていたお友達と離れてしまうことなどもあり、すぐに「いいよ」とは言えませんでした。

息子から話を聞いたときは、ただの思いつきで言っているのではないかと、あまり真剣に受け止めてはいなかったのです。


中学受験の2ヶ月前、突然「やめたい」と告白した息子。気持ちを尊重すると決めた理由の画像2
pixta_41647958_S

感じた強い意志


息子はそれから毎日のように受験をさせてほしいと言うようになりました。

受験をしたい理由を何度聞いても「〇〇中学でサッカーをしたい。自分がどこまで通用するのか知りたい」と繰り返していました。

7月下旬、小学校の担任の先生に会う機会があり、話をしてみました。

先生は息子から話を聞いていたようで、「挑戦したいという気持ちを応援してあげてください」と言われました。

先生の言葉を聞いて、もう一度しっかりと息子と話し合い、真剣に考えてみようと思いました。


その後、息子の成績では合格することがむずかしいこと、勉強とサッカーの両立は大変であることを伝え、それでも頑張れるのかを何度も聞きました。

息子は「頑張りたい。挑戦したい」と、迷いはありませんでした。

私は息子の挑戦したいという気持ちを聞くことができて、何だかうれしく思いました。

そして、一緒に頑張ってみようと決めたのです。

まず始めたのは、塾探しから。

3つほど塾の体験をした後、息子が一番気に入った塾に週2回通うことにしました。

夏休みもサッカーの試合や練習、そして学校や塾の宿題に追われる日々でしたが、親の目から見てもとても頑張っているように見えました。


この記事を書いた人
taoの画像
tao

高校生と中学生の息子と3人暮らしのシングルマザーです。大きくなった息子たちに時に、叱られることも(笑)
ゆるく楽しく子育てとシングルマザー生活を楽しんでします...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 7-12歳児
  6. >
  7. 中学受験の2ヶ月前、突然「やめたい」と告白した息子。気持ちを尊重すると決めた理由