1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊娠・出産
  4. >
  5. 出産
  6. >
  7. 義務教育で教えてってば!予習不足の出産でひたすらバタバタした話

義務教育で教えてってば!予習不足の出産でひたすらバタバタした話

義務教育で教えてってば!予習不足の出産でひたすらバタバタした話のタイトル画像

『出産は感動するもの、そして痛いもの』ただそれだけのイメージを持って挑んだ初回のお産で見た私の出産の荒野と地平線レポート。感動はしません。

イメージばかりの私、その罪

これは私個人のとても悪い癖だと思うのだけれど、ある物事を、体験とか実感の前に、イメージだけで

「ウン、これはこういう事だな」

と決めつけてしまう癖がある。

例えば、シベリアンハスキーは顔が怖いから確実に酷薄そうな性格をしているだろうとか、ピアノ教師という職種の人はリボンタイのブラウスを着て巻き髪で元お嬢様だとか。

でも、実際の所シベリアンハスキーは大体が能天気すぎる位可愛い性格をしていて、ウチに来て下さっているピアノの先生はいつもデニムを履いて元気な近所のお母さんだ。

そして、私の人生の中で「イメージが先行しすぎて、実際は全然違った」という現象、その最たるものは絶対

『出産とその直後にやって来る新生児』

これに尽きると思う。

義務教育で教えてってば!予習不足の出産でひたすらバタバタした話の画像1
pixta_56673381

陣痛ってアレでしょ「ウッ」でしょ?

テレビドラマは少し罪だと思う。

特に私が初産をした10年以上前は、出産についての描写は大体

「ウッ!」

「どうした?」

「…生まれる!」

という物で、私は陣痛を初産婦の頃は完全に「そういうもの」だと思っていた。
知らないとは恐ろしい。

痛みが来た次の瞬間が「生まれる」だったら、病院にどう運ばれるつもりだったのか、大丈夫か、しっかりしてくれ私。

長男を妊娠していた時分、私はまだ会社勤めをしていて、結構おなかがせり出してくるまで関西全域を飛び回っていた。

本来なら予備知識0で出産に挑む1人目のママなのだから、ちゃんと地域のプレママ教室であるとか、通院している産婦人科の集まりなどに出て予習をするべきだったのに

「仕事が!忙しい!」

という事と、幸運にも比較的順調な妊婦生活を送れていた事がむしろ仇になり

「陣痛って、とりあえず『ウッ』ってなって分かるもんなんやろ?」

と本気で思っていた。

あの日の30歳の私に今42歳の私が会いに行けるのならば1時間位説教すると思う。

「ちゃんと正しい知識を身に付けておけ」

そうして『テレビで観た』という解像度が荒すぎる情報だけを持って迎えた37週と1日目、私は何だか腰が痛かった。

その日、当時3歳の甥っ子がお誕生日に電車のおもちゃが欲しいというのでデパートに買い物に来ていた。

そして私は腰が尋常ではなく痛い事に気が付いた。

一緒に買い物に来ていた夫にそれを言うと

「赤ちゃんがいよいよ重たいからねえ」

とニコニコとして言い、私もそうかそうだよねと言ってそのまま買い物をして散々広いデパートの中を歩き回った。

そして今、私は言いたい

それが陣痛の起こりだ、バカめ。

陣痛というかお産の予兆というものは人によってそれぞれ、私の場合は大体毎回、腰の痛み。

でも、初産婦の私にそれは分からなかった。

可哀相にお腹の中の長男が

「あの…僕そろそろ出ますけど」

というサインを頑張って送ってくれているにも関わらず、それを無視した母である私は、帰宅して初めて微妙なお腹の張りに気が付く。

でもそれだって

…疲れているから?かな?お腹が張る?

そうやって長男渾身の

「生まれるってば!」

というサインを無視した挙句、私がようやく重い腰を上げたのは、翌日の朝の事だった。

義務教育で教えてってば!予習不足の出産でひたすらバタバタした話の画像2
pixta_57538539

生まれるのはいつですか

翌朝、ようやく、この微弱だけれど定期的なお腹の張りと、軽い痛みが

「これはまさか噂の陣痛か?」

と気が付いた私はやっとその間隔を計測した。

あの時多分15分間隔。

一応出産予約をしている産婦人科に電話を入れると。

「えっと、初産婦さん?じゃあ来てください」

とお達しがあり、なんだか実感がわかないまま特に緊張もしないで、軽い気持ちで出掛けた産婦人科で、そのまま入院となり、お産用のピンクの病衣を着てとりあえず陣痛室のベッドに座ってみたものの、あまりに痛みが微妙なので

「…こんなもんなの?」

と拍子抜けしていた。

そして夫に入院したよと連絡を入れると、夫の方はもっと気が抜けていて

「そうなの?じゃあ会社が終わってから行くね!」

そう言った、おい、何時に来るつもりだ、今すぐ来い。

そしてその自分に輪をかけて呑気な夫に、ちょっと父親になる自覚が…
と説教を垂れながら私は陣痛がこんなもんならたいして痛くないやんと思っていた。

そして、今私が再び過去の私に言う。

お前は、甘い。

この記事を書いた人
きなこの画像
きなこ

11歳ADHD・DCD男児、9歳ハイパーマイペース女児と
心臓疾患の2歳児の母をあまりがんばらないでやってます。

Twitter:日々の事と大体こどもの...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 妊娠・出産
  4. >
  5. 出産
  6. >
  7. 義務教育で教えてってば!予習不足の出産でひたすらバタバタした話