1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どものわがままどうしたらいいの?親の接し方3つのポイント

子どものわがままどうしたらいいの?親の接し方3つのポイント

子どものわがままどうしたらいいの?親の接し方3つのポイントのタイトル画像

気に入らないと泣き叫ぶ!そんな子どものわがまま、困っていませんか?その場しのぎの態度を取っていると、子どもはますますわがままになってしまうことも・・・子どものわがままに対する親の接し方3つのポイントをご紹介します。

出典:https://www.flickr.com/photos/109846229@N08/17133741547

子どもに生活習慣を身につけさせましょう

小さいうちによい生活習慣をつけさせることは、とても大切です。決まった時間に寝る、ごはんの前に手を洗う、好きな時間におやつを食べない、食べたら歯磨きをするといった生活のルールをつくっていきましょう。

もし単なるわがままで守れない時は、「じゃあ今日だけ特別」となっていると、そのうち、毎日特別になってしまいます。

パパママもイライラを抑えて根気強く相手をするより、つい折れてしまいがちですが、もうひと踏ん張り!わがままを言っても通用しないな、と子どもに思わせれば、そのうち駄々をこねる回数も減ってきますよ。

子どものわがままどうしたらいいの?親の接し方3つのポイントの画像1

親として一貫した態度を大切に

子どもがわがままを言った時に、その都度パパママの対応が変わってしまうと、子どももルールを守ろうと思わなくなって、ますますわがままが助長してしまいます。

買い物に行った時に「お菓子買って!」と駄々をこねても、最初に買わないと約束をしたなら買ってはいけません。人目もあるので、つい「1つだけ」と買ってしまっていませんか?これでは、子どもに「泣けば買ってもらえる」と教えているようなもの。買わないと約束したよね、と言って諦めさせることも必要です。

おもちゃを買ってほしくて駄々をこねた時、まずは起こしてギュッと抱きしめてあげる!
子供って手がつけられない状態でもこれで泣き止むのってくらい抱きしめるだけで落ち着くんですよね。そして落ち着いたら説得に入ります。そのおもちゃは今買わないけど、お誕生日のプレゼントにしようなど今は我慢するべきことを伝えます。

わがままを我慢できたらほめてあげましょう

もし、おもちゃを片付ける時に「まだ遊ぶ!」と言い張ったら、「じゃあ、5分待つから5分経ったら必ず片付けようね」と言ってみましょう。そしてタイマーをセットして5分後に鳴るようにします。

子どもにとっては、交渉して自分の主張が通ったという満足感があります。タイマーが鳴ったら、約束だから片付けようと促し、遊ぶのをやめてちゃんと片付けられたら、ほめてあげてください。この方法はいろいろな場面で使えるので、試してみるといいでしょう。

わがままをちゃんと我慢できた時は、たくさんほめてあげてください。わがままを言った時だけ叱り、がんばって我慢してもほめてもらえないのでは、子どもとしては面白くないはず。「我慢してえらかったね」と言ってあげる事で、子どもも約束を守れば気分がいいんだ、と思うようになります。

・「よく我慢したね~」
・「泣き止んで偉いね~」
そしてついでに寝転んで駄々をこねることは恥ずかしいし、周りの人にも迷惑だと教えてあげます。一先ずその日は無事帰ることが出来るはずですよ。でも、そこは子供です。何度か繰り返します。
親も負けずに繰り返してくださいね。

子どものわがままどうしたらいいの?親の接し方3つのポイントの画像2

子どものわがままをそのままにしないのは、将来子どもが自立していく上でもとても大切なことです。甘やかさないことと、厳しくしつけることは違います。我慢しなければいけない時もあるということを、ほめながらうまく子どもに伝えていきましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

しつけ・お世話 子育て・育児

この記事を書いた人

mamadaisuki

小学生の女の子のママです。子どもが生まれてから毎日の公園通いで、すっかりアウトドア派になりました。子どもが2歳頃から毎年夏は家族でキャンプ&山登り。子ど...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どものわがままどうしたらいいの?親の接し方3つのポイント