1. 総合トップ
  2. >
  3. 産後
  4. >
  5. 夫が育休、妻が復帰に思わぬ逆風…?こうあるべきに捉われないハッピーな選択とは

夫が育休、妻が復帰に思わぬ逆風…?こうあるべきに捉われないハッピーな選択とは

夫が育休、妻が復帰に思わぬ逆風…?こうあるべきに捉われないハッピーな選択とはのタイトル画像

お互い会社員の日比野さんご夫婦。妻のトモミさんは産後育休を取得せず、職場復帰。夫のヨシヒデさんが育休をとり時短勤務で復帰されたそうです。お互いにとってハッピーな選択を探したら、自然にそこに行きついたという日比野さんに、ご夫婦でお話をお聞きしました。


男性の産休や育休義務化も話題になる中、男性育休にも一層注目が集まっています。

4歳と1歳の兄妹を育てる日比野さんは、第一子出産後の2016年に夫のヨシヒデさんが育休を1年半取得。妻のトモミさんは、出産直後は育休をとらずに職場復帰しました。

ヨシヒデさんは、会社で初めての男性育休取得者となり、その後も時短で職場復帰。

時短で復帰したヨシヒデさんは、職場で応援されることが多かった一方、育休をとらなかったトモミさんには、思いもかけない逆風もありました。

2人が心掛けているのは、得意な所を活かし合うお互いがハッピーな選択。男性だから、女性だから「こうあるべき」に捉われない姿が印象的です。

現在は1歳の次女のダブル育休中の2人。どのように考え、人生の選択をしてきたのかお話を伺いました。


夫が育休、妻が復帰に思わぬ逆風…?こうあるべきに捉われないハッピーな選択とはの画像1

お付合いしている頃から、専業主夫希望

―― さっそくですが、なぜ一人目の誕生後に、夫のヨシヒデさんが育休をとられて、トモミさんはお仕事復帰をされたんでしょうか。

ヨシヒデ:妻は仕事が大好きなタイプで、海外赴任の希望もあり、子どもが産まれた後、長期育休をとるつもりがなかったんです。外に出かけるのも好きなので、子どもと一緒にずっと家にいるのは想像できないような性格なんです。

トモミ:お付合いしていた頃から、もし結婚しても私は海外赴任を希望したいという話をしていました。その頃から、そうなった時はどうする?という話をお互いしていましたね。

ヨシヒデ:逆に私は家事が好きで、もともと、そんなに働きたいタイプではなかったんです。妻が仕事で海外にいくことがあったら、専業主夫になってついていくからというような話を結婚する前からしていました。

妊娠や出産は妻の代わりは出来ないですけれど、産後は授乳(ミルクや搾乳母乳)も僕の方でできますし、代われるところは代ろうと。

妻が子どもを産んだら、そこからはバトンタッチというような形で僕が育休をとって子どもを見ますよと。

僕たちの中では自然な流れでした。


―― 付き合っている頃からライフスタイルの変化について話をしているのは、すごいですね。専業主夫となり、ついていくというのも思い切った決断だと思いました。

ヨシヒデ:僕は両親が共働きで、母親は外で仕事を、家のことは祖母がほぼ全てをするという家庭で育ちました。そのせいか「母親だから」とか「女性だから」という固定観念が作られにくかったのかもしれません。

祖母の手伝いをしながら料理や洗濯だとかは一通りやっていましたし、大学時代も4年間は一人暮らしをしていたので、身の周りの事は自分でやるのが当たり前でした。

大学時代の部活では、チーズケーキやガトーショコラを焼いて後輩や同期にふるまったりしていましたし、最近ではホットクックを駆使して料理をしています。



夫が育休、妻が復帰に思わぬ逆風…?こうあるべきに捉われないハッピーな選択とはの画像2
pixta_64657848_M

―― 素敵ですね。お2人のお付合いは大学生のときからなんですよね?

トモミ:そうです。大学3年生の時からかな。
吹奏楽部で出会いました。私は、夫とお付き合いをはじめる直前までドイツに留学していて、いつかまた海外で働きたいと思っていました。親には「娘は国際結婚をするにちがいない」と思われていたみたいです。

でも日本の会社に就職が決まり、夫と付き合いはじめ、私の実家に彼が遊びに来るようになったら「早く結婚しなさいよ」と親に言われて。笑

ヨシヒデ:そうそう。「妻が海外赴任になって、ついていくと言ってくれる男の人は珍しいし、ヨシヒデ君とぜひ結婚を」というご両親の後押しもあり、大学卒業後すぐに結婚したんです。



―― そうなんですね! トモミさんの家庭環境も共働き家庭だったんですか?

トモミ:実は真逆で母は専業主婦で、父は生粋の江戸っ子で亭主関白でした。

剛腕で強いタイプの父で、文句があるなら俺の家から出ていけ!みたいな。
そんな父に母が従う様子を見たりして、反面教師のような気持ちもありました。

私は3姉妹の真ん中なのですが、姉は母のように専業主婦になり、妹はゆるく働いています。
姉とはとても仲が良いんですけれど、正反対の性格で、真逆の選択をすることで自分の立ち位置を確認していたような所がありました。

だから、「女だからこうしろ」と言われると、とりあえず反発するという風に育ったんですよね。

今でも親には、「ヨシヒデ君が、ほとんど家事をしているなんて!少しはやりなさい!」と怒られています。笑

この記事を書いた人
現代育児リアルボイス『あの日の選択』の画像
現代育児リアルボイス『あの日の選択』

決して特別ではない等身大の日々を生きる方々に、子育てする中で人生の分岐点となった出来事を語っていただくコノビーの「インタビュー企画」です。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 産後
  4. >
  5. 夫が育休、妻が復帰に思わぬ逆風…?こうあるべきに捉われないハッピーな選択とは