義両親やひいじいがいる環境で、常に私の味方でいてくれる。

我が家の場合、そんな存在だから「大好き」は長続きしていくのかもしれません。